広島高速交通



●解説

 「アストラムライン」の愛称で親しまれる広島高速交通は、1994(平成6)年に広島市で開催されたアジア大会の会場である競技場「広島ビッグアーチ」へのアクセスと、安佐南区から市中心部への通勤・通学輸送を担う新たな公共交通機関として、同年8月20日に本通〜広域公園前18.4kmが開業。側方案内軌条式を採用した、いわゆる新交通システムの1つであるが、本通〜城北は地下線を通るのが特徴である。
 JR西広島駅への延伸計画もあり、長らく棚上げ状態だったが2015(平成27)年に事業化を発表。ただ、道路事情の改善が進んでいることから、バスや自家用車を利用する人が多く、厳しい経営が続いている。

●車両一覧



▲6000系

 

↑ PAGE TOP