伊豆箱根鉄道7000系


2編成のみの投入となったが、快適な車両であることに変わりは無い。
(写真:駿豆線 三島二日市駅/撮影;裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:1991(平成3)年
運行区間:駿豆線

●JRへの乗り入れも見据えていたのだが・・・

 旧型車両の置き換えに加え、観光客をターゲットに特化した車両で現在2編成が在籍する。登場時には駿豆線内で一部座席指定制の快速(現在は廃止)を運転していた事から転換クロスシートが採用され、中間車は2扉となった。またJR東海への乗り入れも視野に入れていた関係で前面には列車番号表示器が設置され、行先方向幕には「沼津」や「熱海」のコマがあるなど乗り入れ関係の仕様が各所に存在する。

 しかし今現在駿豆線の車両のJRへの乗り入れは行われておらず、さらに観光客へ特化したため逆に通勤・通学には向かないことや、製造のコストが高くなってしまった関係で7000系デビュー後に再度3000系が増備されることになった経緯がある。

●カラーバリエーション


第2編成は2017年11月から、先頭車の額縁部分を金色に塗装し、帯色を紺色へ変更している。
(写真:駿豆線 三島二日市〜大場/撮影;裏辺金好)

●車内の様子


(撮影;裏辺金好)

↑ PAGE TOP