京阪電鉄13000系


登場時から緑の新塗装で登場。
(写真:宇治線 中書島駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2012(平成24)年
運行区間:交野線、宇治線

●京都らしいデザインを追及した一般車両

 老朽化が進む2600系を置き換えるために登場した京阪の普通列車用車両。
 交野線などで使用されている10000系と、中之島線開業時に投入された3000系をベースに開発されたもので、制御装置はVVVFインバータ方式。前面デザインは3000系のデザインコンセプト「風流の今様」を継承している。

 また、車内はロングシートで、京阪電車では初となる片持式のバケットシートを扉間に採用したほか、内装は京都の石畳をイメージした床面とし、サブカラーには墨、アクセントカラーとして橙を採用。さらに座席表地やつり革に萌黄色を用いている。

 現在は4両編成×5本=20両が投入され、宇治線を中心に一部は交野線でも運用されている。    

↑ PAGE TOP