小湊鉄道キハ200形
       Kominato Railway Type Kiha200

ツートンカラーで今も活躍するレトロ車両。
(写真:五井駅/撮影:リン)
●基本データ・運用区間
デビュー年:1961(昭和36)年
運行区間:小湊鉄道線

●人気が高い、キハ20系の同型車両
 1961(昭和36)年登場。以後、1977(昭和52)年まで長期間にわたり製造され、前面デザインと、室内がロングシートで便所が無い点以外、エンジンや車体寸法など大部分が国鉄キハ20系と同じとなっている。これは、国鉄路線乗り入れを考慮した形。
 また、180PSのエンジンを1基搭載して最高速度は95キロ。沿線の昔ながらの風景とあわせ、首都圏近郊のローカル線として非常に良好な景観を作り出している。なお、現在在籍する14両中、12両が冷房化済み。

▼形式ガイド
 製造年次によってドアと窓の形状に違いがみられる。
キハ201〜
(キハ201 小湊鉄道線 五井駅/撮影:ロクマルサン)
1961(昭和36)〜1964(昭和39)年製造。プレスドア・非ユニットサッシ窓車。

キハ207〜
(キハ207 小湊鉄道線 五井駅/撮影:ロクマルサン)
1970(昭和45)年製造。非プレスドア・非ユニットサッシ窓車。

キハ211〜
(キハ214 小湊鉄道線 五井駅/撮影:ロクマルサン)
1975(昭和50)〜1977(昭和52)年製造。非プレスドア・ユニットサッシ窓車。