真岡鐵道


〇解説

 1988(昭和63)年にJR真岡線を転換して開業した第三セクター鉄道。現在は筑西市となった下館駅から、SL型の駅舎に改築された真岡駅を経て、茂木駅にいたる全長41.9kmの路線を有する。
 C11形、C12形蒸気機関車の運転を行っているのが特徴で、沿線の活性化に貢献。また、真岡駅ではキハ20形(2両)、DE10形等の国鉄(JR)真岡線時代に活躍した旅客、貨物車両たちが保存展示されている。

■保有車両

▲モオカ14形 ▲モオカ63形
▲C11形 ▲C12形
▲DE10形 ▲50系

↑ PAGE TOP