静岡鉄道1000形


現在の静岡鉄道で主力を務めるが、間もなくその座を明け渡す。
(写真;静岡清水線 長沼駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:1973(昭和48)年
運行区間:静岡清水線

●東急7200系と似た静岡鉄道オリジナル車両

 静岡鉄道の通勤型電車で東急車輛で製造。側面は東急7200系と似ているが、ほかの鉄道に見られるような、東急からの譲渡車両ではなく、あくまで静岡鉄道のオリジナル車両で、前面は傾斜がつき、大きな一枚窓を分割した独特なデザイン。

 1985(昭和60)年まで投入が続けられ、初期に登場した非冷房車は、のちに後期車に併せて冷房改造を実施している。また、当初は完全に無塗装のステンレス車両だったが、現在では3色のストライプが前面に入れられている他、ラッピング広告車も多い。なお、後継車両として A3000形が登場したことにより、2016(平成28)年から運用離脱を開始。2024年までに全編成が置き換えられる予定である。

●車内の様子


車内はオールロングシート。
(撮影:ロクマルサン 禁転載)

●カラーバリエーション


2010年にリバイバル運転された登場時の姿。
(写真;静岡清水線 長沼駅/撮影:裏辺金好)

オレンジの警戒色のみ施された姿。
(写真;静岡清水線 草薙駅/撮影:裏辺金好)

青いラインが入った車両。
(写真;静岡清水線 春日町〜柚木/撮影:ロクマルサン)

「ちびまる子ちゃん」ラッピング車両。
(写真;静岡清水線 草薙駅/撮影:ネオン)

●広告車両


(写真;静岡清水線 長沼駅/撮影:裏辺金好)

黄色い車体がひときわ目を引く午後の紅茶ラッピング。
(写真;静岡清水線 柚木〜長沼/撮影:ロクマルサン)

こちらは2016年3月撮影の「午後の紅茶」ラッピング車。
(写真;静岡清水線 草薙駅/撮影:ネオン)

(写真;静岡清水線 草薙駅/撮影:ネオン)


(写真;静岡清水線 草薙駅/撮影:ネオン)

ICカードLuLuCaのラッピングを施した車両。
(写真;静岡清水線 長沼駅/撮影:ロクマルサン)

舞台「美女と野獣」の公開に合わせて期間限定で施されたラッピング車両。
(写真;静岡清水線 長沼工場/撮影:ロクマルサン)

コカ・コーラゼロのラッピング車両。全面ラッピングではない。
(写真;静岡清水線 県総合運動場駅/撮影:ロクマルサン)

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP