湘南モノレール5000系


第1編成は従来と同じ赤色をアクセントカラーとする。
(写真:大船〜富士見町/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2004年(平成16年)
運行区間:湘南モノレール線

●デザインを一新した新たなる主力車両

 400形、500形の置き換えのために投入された車両で、三菱重工業三原プラント・交通システム事業センターにて製造。

 湘南モノレール初のVVVF制御(IGBT素子)・両開き扉などを採用したほか、この車両の登場により湘南モノレールは冷房率100%となった。

 アクセントカラーが編成ごとに異なっているのが特徴である。

●カラーバリエーション


第3編成は緑色をアクセントカラーとする。
(写真:大船〜富士見町/撮影:裏辺金好)

第4編成は黄色をアクセントカラーとする。
(写真:大船駅/撮影:裏辺金好)

第5編成は紫色をアクセントカラーとする。
(写真:大船駅/撮影:裏辺金好)

第6編成は黒色をアクセントカラーとする。
(写真:大船〜富士見町/撮影:裏辺金好)

第7編成はピンク色をアクセントカラーとする。なお、乳がん検診推進運動「ピンクリボン活動」と連携した「ピンクリボン号」として、「ピンクリボンかながわ」のマークがつけられている。
(写真:大船駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP