東武鉄道634型


東京スカイツリーや日光などへの観光列車として活躍する634型。
(写真:伊勢崎線 曳舟〜とうきょうスカイツリー/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2012(平成24)年
運行区間:伊勢崎線、鬼怒川線など

●6050系を大改造して登場した展望列車

 東武鉄道が2012(平成24)年10月27日より営業運転を開始した2両編成×2本からなる観光用車両で、愛称は「スカイツリートレイン」。既存の6050系6177Fと6178Fを総合車両製作所で改造し、前面デザインに大きな変更は無いが、外観は屋根から回り込む窓の設置が目を引くほか、内装では座席の高床化やサロン、前面展望スペースの設置などが行われている。また、座席は窓側に向くことも可能である。

 団体専用列車や臨時特急列車など、さまざまな用途で使用されるほか、運用路線も東京スカイツリー、日光・鬼怒川アクセスを中心としながら、多彩な設定が行われる。

●編成車両別紹介(浅草方より)

634−11
(写真:伊勢崎線 鐘ヶ淵〜堀切/撮影:与太郎)

634−12
(写真:伊勢崎線 鐘ヶ淵〜堀切/撮影:与太郎)

634−21
(写真:伊勢崎線 鐘ヶ淵〜堀切/撮影:与太郎)

634−22
(写真:伊勢崎線 鐘ヶ淵〜堀切/撮影:与太郎)

↑ PAGE TOP