東急電鉄


〇解説

 東京都西部と神奈川県東部を中心とした私鉄。正式名称は東京急行電鉄株式会社。
 1922(大正11)年9月に設立された目黒蒲田電鉄と、1910(明治43)年に設立された武蔵電気鉄道(→東京横浜電鉄と社名変更。現在の東横線)が主な前身。目黒蒲田電鉄は1934(昭和9)年に池上電気鉄道を、1939(昭和14)年に東京横浜電鉄を合併。1942年5月、東京急行電鉄(東急)と社名を変更し、鉄道事業、百貨店事業、不動産事業など関東随一の会社となった。
 戦時中はいわゆる大東急として、東京西部と神奈川県東部のほとんどの私鉄を傘下にするが、戦後は小田急や京王帝都などが独立。このため規模を大幅に縮小することになったが、その後も首都圏を代表する鉄道会社として発展している。現在の路線は東横線、田園都市線、目黒線、多摩川線、大井町線、池上線、こどもの国線、世田谷線。グループ企業に伊豆急行、東急百貨店、東急ストア、東急ハンズ、東急建設、東急不動産、東急ホテルなどがある。
(車両解説:RSN様)*2000系、旧3000系、(新)7000系、世田谷線車両を除く

■保有車両



▲1000系
▲2000系
▲旧3000系(引退)
▲3000系 ▲(旧)5000系(引退) ▲(新)5000系
▲(旧)6000系(引退) ▲(新)6000系 ▲(旧)7000系、7700系
▲(新)7000系 ▲7200系、7600系(引退) ▲8000系(引退)
▲8500系 ▲8090系、8590系 ▲9000系
▲70形(引退) ▲80形(引退) ▲150形(引退)
 
▲200形(引退) ▲300形  

↑ PAGE TOP