営業エリア:東京都千代田区、台東区、埼玉県八潮市、千葉県柏市、流山市、茨城県守谷市、つくば市
 2005(平成17)年8月24日に開業した第三セクター鉄道で、正式な会社名は首都圏新都市鉄道。
 秋葉原から筑波研究学園都市つくばに至る58.3キロを擁する路線で、秋葉原〜つくば を最高速度130キロ、所要時間最速45分で結んでいる。また、秋葉原〜守谷間は直流電化、守谷〜つくば間は交流電化となっているのが特徴。全線を直流電化に出来なかったのは、つくば近郊に地磁気研究所があるため。
 つくばエクスプレスが開業するまで、つくばまでは高速バス経由で65分、常磐線経由だと85分かかっていた所要時間を大幅に短縮し、都心と周辺主要都市の活性化に大きく貢献しており、輸送実績は好調に推移している。

 ■保有車両



 
▲TX−1000系
▲TX−2000系