沖縄都市モノレール


●解説

 沖縄都市モノレールは2003(平成15)年8月に那覇空港〜首里間(12.9km)を開業させた第3セクター方式の鉄道会社で、愛称は「ゆいレール」。

 その設立は意外と古く、1982(昭和57)年のこと。太平洋戦争によって沖縄県営鉄道の施設が破壊しつくされ、その後は鉄道が復旧することなく道路整備に重点が置かれていた沖縄において、那覇都市圏の悪化する渋滞緩和を目指し、軌道系交通機関の復活をすべく準備が進められてきたものである。

 モノレールの方式は跨座式を採用。定時性に優れ、ショッピングや観光の足として便利なことが次第に認知されてきたため、乗客は上昇傾向にある。また、首里〜てだこ浦西間の延伸工事が進められており、2019年春の開業を予定している。

●保有車両など

▲1000形 ▲施設の様子

↑ PAGE TOP