根府川駅(JR東日本)
  J.R. Nebukawa Station
▼開業年月日
1922(大正11)年12月21日

▼所在地
神奈川県小田原市

▼駅構造
地上駅

▼主な利用可能路線
東海道本線
▼メモ
 東海道本線の中でも(美濃赤坂支線は除く)、たぶん唯一の無人駅と思われるのがこの根府川駅。ていうか、天下の東海道本線に無人駅があるなんて・・・という感じが。位置的には、駅舎側は山。ホーム側は海。まさに断崖絶壁に駅があるよう感じで、たしかにここじゃ人は乗らないわな・・・。また、駅前に県道が走っているけど、車の量はさほど多くない。電車が来たとき以外は静かで、波の音が聞こえてきていい感じです♪
 天候の良い休日などは観光客が結構いるようだ。。。私と同業者(鉄道ファン)もちらほらいるよう。3番線から見る相模湾は一見の価値あり。それを見るためだけに下車しても後悔はしないと思う。私が立ち寄った日はちょうどジョイフルトレイン「浪漫」の運転日であったため、ホームにはたくさんの同業者の姿が・・・ご苦労様なことです。
(撮影&解説:デューク)

▼駅とその周辺の様子

 根府川駅の構内。
 構内は2面3線構造となっている。ホームは最近の首都圏の駅としては珍しく屋根がほとんど設置されていない。長さは15両編成対応だが、屋根がないので、やたらと長く見える。
 晴れている日は日差しもあっていいけど、雨の日は大変そうだ。

 根府川駅の改札口。
 無人駅なので、自動改札ではない。Suicaのエリア内ということで、簡易Suica改札機の機械が設置されている。
 改札口の近くに注意書きがあって、どうも、駅員がいないのをいいことに駅員になりすまして、切符の精算を行うフトドキモノがいるらしい。。。ご注意あれ。

 根府川駅の様子。
 駅のすぐ近くにある交番の裏から駅を撮ってみる。立ち寄ったのが冬だったから木々の枝がさびしいけど、海とホームとのバランスが結構好き。春になったらすごく良い風景が見れそう。
 ちなみにこれを撮影した直後、交番の犬が突然、私に対して吠え出して、警官が出てくる大騒ぎに発展することに・・・あうう・・・。決して不法侵入ではないよ、念のため。(爆)

 根府川駅からの風景。
 ホームは相模湾に面した部分がある。そこから小田原の方を撮ってみた。線路が入るようにしたら金網が・・・
 さすがに海が綺麗だ。この日は臨時列車の運転があって絶好のポジションは他の人が占拠してた・・・ちっ。
 夏はかなりかばらしい光景が拝めそうですね。