102.さよなら急行能登路&のと鉄道能登線
 2005年3月26日&27日、JR七尾線と、3月31日の廃線間近の「のと鉄道」能登線(穴水〜蛸島)を使用して、JR西日本のキハ58系国鉄色を使用した、急行能登路が「さよなら」としてリバイバル運転されました。この列車自体は2002年に廃止になっていますし、昨年には金沢〜珠洲でリバイバル運転も行われていますが、のと鉄道の「能登線」は、まさに「さよなら」。その時の模様を、ちゃけ様に投稿して頂きましたので紹介します。
 それにしても、今後は奥能登へは能登空港&タクシーで観光を、ということなのでしょうか。観光名所を抱える鉄道路線の廃線は残念です。こういうイベントも、もっとやれば良かったのに・・・。
 

急行型どうしの並び。片方はリバイバル塗装が復活し、このようになっているわけですが、さてさて左側の車両はどうなる?
(写真:金沢駅/撮影:ちゃけ様)

(写真:のと鉄道 鵜飼駅/撮影:ちゃけ様)

17年ぶりに急行能登路が乗り入れた、3月まで「のと鉄道」の終点・蛸島駅。また、左につけられたヘッドマークはファンの手作り。
(撮影:ちゃけ様)

急行能登路と、のと鉄道の急行「のと恋路」用NT800形。
既に休車中のNT800は用途無く、このまま廃車になるため、キハ58系とは最後の並びとなる(ただし、能登中島で車両自体は保存)。
(写真:のと鉄道 珠洲駅/撮影:ちゃけ様)

右は、「さよなら」能登線マークの付いた、のと鉄道主力車両NT100。もっとも、路線短縮後は新型車両での運転が多くなるため、これも大幅に数を減らす。
(写真:のと鉄道 珠洲駅/撮影:ちゃけ様)

昨年、キハ58系国鉄色リバイバルを記念して、金沢〜珠洲で運転された急行「能登路」。
(写真:七尾線 金沢駅/撮影:ちゃけ様)


←101.御殿場線のE231系
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ