115.横須賀線に189系あさま色&グランドE231系
 鎌倉への臨時輸送には首都圏とその周辺のさまざまな車両が入線してきますが、189系あさま色も例外ではありません。今回はそのときの模様と、これとは別件で試運転時に見られるE231系のグリーン車4両組み込み編成を紹介。後者は、運転時に限り、国府津区E231系を用いて新製グリーン車4両を連結して走る形態の通称(?)です。もちろん「グランド」とは2階建て車4両を連結して走っていた、「新幹線100系V編成・グランドひかり」にあやかったものです。主に大宮〜国府津間を走ります。なお、国府津区のE231系に新製したグリーン車4両を組み入れたものです。 国府津区のE231は4、5、6、7号車が4両連続でモーターの無い「サロ、サハ」のため、このような編成ができます。小山車両センターのE231は編成順序が国府津区と異なり、このような編成は組めません。

 なおグリーン車以外のE231系は新製車ではなく、通常の運用に入っているE231の中間4両(4〜7号車、グリーン車2両、モーターなし普通車2両)をはずし、この新しいグリーン車を組み入れています。 写真は国府津駅での撮影です。
(文章&写真:もこてん所員)
 

(写真:北鎌倉駅付近)


←114.大宮総合車両センター一般公開2005
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ