120.485系ボンネット、中央線を走行
 6月27日(月)、三鷹駅75周年開業イベントの一環として豊田電車区で停泊していた485系ボンネット型の訓練車が勝田車両センター方面(正確には、もっと先の原ノ町駅までですが)へ帰還すべく、中央線、武蔵野線を走行しました。当然、非常に貴重な記録となり、平日にもかかわらず私も含めて多くのファンが詰めかけていました。


まずはいったん、八王子駅へ回送される485系。こちら、いわゆる赤スカートと呼ばれるタイプ。
(写真:中央本線 豊田駅)

八王子方の先頭車。一昨日は、ヒゲを隠して「あずさ」マークを掲出していましたが、本日はもとの姿に戻っていました。
(写真:中央本線 豊田駅)

八王子駅へ向けて豊田駅を出発。左手が豊田電車区。
(写真:中央本線 豊田〜八王子)

八王子駅では様々な車両と並びます。まずは、E351系特急「スーパーあずさ」。
(写真:中央本線 八王子駅)

三鷹電車区公開では並ばなかった201系と。
(写真:中央本線 八王子駅)

横浜線の205系と。ちなみにこの205系は、同線で唯一、前面方向幕がLEDになっています。
(写真:中央本線 八王子駅)

そして八王子駅を出発し、日野駅を通過。う〜ん、止まっているみたいだ(笑)。
(写真:中央本線 日野駅)

日野駅を通過すると、多摩川を渡ることになります。
(写真:中央本線 日野駅)


←119.183系「三鷹駅開業75周年号木更津潮干狩号」運転!
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ