124.7月16日、朝の新宿駅は国鉄型特急の宝庫
 7月16日、189系、485系を利用した各種臨時列車が新宿駅を起点に多数運転!
 「ムーンライトえちご」の間合い運用で、主に週末に新宿〜黒磯で運転される485系快速「フェアーウェイ」、多客時に183系を使って増発される、新宿〜南小谷の特急「あずさ」、そして「あいづデスティネーションキャンペーン」に伴い、新宿〜喜多方で運転中の485系特急「あいづ」に、新宿〜日光で運転される189系快速「やすらぎの日光」、そして休日に新宿〜河口湖で運転される189系「ホリデー快速河口湖」。これだけ国鉄型特急車両の活躍が狭まる中で、朝の新宿駅では益々元気です!周辺駅での模様と共にお届けしましょう。しかし、早起きは3文の得ですが大変・・・。なお、7月23日、30日、8月6日、13日もこんな感じになります。
(写真・本文:裏辺金好 特記以外は新宿駅での撮影)


485系 快速「フェアーウェイ」(新宿〜黒磯) 6時13分
愛称がデカデカと表示されるトレインマーク。絵幕だったらさらに言うことはないのですが(笑)。

183系 特急「あずさ」71号 (新宿〜南小谷) 6時18分
ここのところ、6時30分発の臨時「あずさ」のみの登板となっている183系。
上りは最近見ませんねえ。

183系 特急「あずさ」71号 (新宿〜南小谷) 6時34分
中央本線 中野駅での撮影。なお、8月15日には新宿14時02分発、松本17時05分着の「あずさ91号」に登板予定。久しぶりに撮影しやすい時間帯での運転で、沿線はさぞかし賑わうことでしょう。

485系 特急「あいづ」 (新宿〜会津若松・喜多方) 7時23分
湘南新宿ライン 池袋駅での撮影。期間限定ながら、奇跡的に復活、しかも新宿発となった特急「あいづ」。車内は満員で実に盛況でした。運転期間延長はあるか?

485系 特急「あいづ」 (新宿〜会津若松・喜多方) 7時25分
同じく湘南新宿ライン 池袋駅での撮影。

485系 特急「あいづ」 (新宿〜会津若松・喜多方)
方向幕も紹介しちゃいましょう。通常は行き先の方が大きく書かれるものですが、こちらは列車名で目的地一目瞭然のためか、このようなことに。なお、「あいづ」の下は 「新宿 ←→会津若松(喜多方)」と書かれています。

189系 快速「やすらぎの日光」 (新宿〜日光) 7時53分
新宿発、東武鉄道経由の日光行き特急誕生後が気になる列車。奇抜なデザインの189系「彩野」が使用されています。疑似特急シンボルマーク(?)が何とも・・・。

189系 快速「やすらぎの日光」 (新宿〜日光) 7時53分
ちなみにこの日、前面愛称幕を新宿発車後に回転開始。え〜、バシッと「普通」と表示された姿を撮影してしまいました。

189系 快速「ホリデー快速河口湖」 (新宿〜河口湖) 7時58分
お馴染みの列車。全車自由席で非常に使いやすく・・・。なお、先日ピカピカに塗り直されたばかりの189系「旧あずさ色」が登板です。

189系 快速「ホリデー快速河口湖」 (新宿〜河口湖) 8時46分
中央本線立川駅にて。205系南武線との並び。


←123.485系「NO.DO.KA」が東海道本線へ入線@国府津
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ