132.続報:福知山線で活躍する103系と113系
 たびたびお伝えしている福知山線の車両現況ですが、今回はZenigata所員より新鮮な画像が届きましたので披露。
 すっかり103系や113系が再び福知山線で当たり前のように活躍を始めています。・・・果たしていつまで続くのやら。
 写真は全て、生瀬駅での撮影です。


森ノ宮電車区の103系(モリ17編成)のサハ1両を減車して福知山線系統に使用

昨秋に網干から転属してきて、京都総合車両所配置になった113系8連の中間サハ2両を減車して福知山線で運用。

日根野から岡山に転属し、また宮原区に引き戻した113系です。正面はシールドビーム車ですが、後ろは下写真の通りデカ目車です。

以前は嵯峨野線の113系8連の代走をしていた編成で、阪和色が網干総で塗り替えされて、宮原区に転属したもの。

本来はKTR001系で運転すべきなのですがATS-P搭載のKTR8000系がしばらく代走しています。


←131.敦賀港花火大会輸送でキハ58系が大活躍
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ