○さらばボンネット型485系特急「雷鳥」&撮影会実施@富山駅
 2003年9月20日&21日、先頭車前面の丸みのある出っ張りが特徴で親しまれてきたボンネット型車両のうち485系が、老朽化に伴い、JR北陸本線の特急「雷鳥」から引退することになり、富山〜大阪間で「懐かしの特急雷鳥」として、国鉄時代の雰囲気を再現する形で「さよなら運転」を行いました。
 その模様と、富山駅で行われた撮影会の様子を御紹介します。
 なお「さよなら運転」を行ったとは言え、489系ボンネット車両による臨時特急「ふるさと雷鳥」は引き続き運行中。ただし、このイベントを大々的にやってしまったおかげで、トレインマークが「臨時」となっているのが残念な話です。
(解説・撮影:裏辺金好)

11両編成という長編成で運転された「懐かしの特急雷鳥」。トレインマークは文字マークで、運転台した側面にはJNRマークが掲出されました。
(高岡駅にて)

方向幕は、国鉄時代のものを再現したようです。

富山駅到着後、撮影会の会場へ回送。今となってはサロも懐かしい姿ですね。

同じく撮影会の会場へ回送される編成。

歴代特急「雷鳥」車両、ということで485系パノラマグリーン車、681系、そして583系の代用ということで419系の並びが実現しました。

別角度から撮影。

おまけとして、本日乗車した489系急行「能登」。485系からボンネット型先頭車は引退しましたが、489系の場合は引き続き活躍中です。(※現在は引退しています。)