207.小田急電鉄ファミリー鉄道展2006@海老名車両基地
 10月14日・15日に毎年恒例となった小田急の「ファミリー鉄道展」が海老名車両基地で行われ、今年も大勢の親子連れやファンが訪れました。クイズスタンプラリーや作業車展示、グッズや部品等販売、そして今年は、引退した車両ばかりが並んだ車両展示&車内見学など、内容は盛りだくさんでした。
 ちなみに、横浜線ファン様による一昨年の記事は、
 http://www.uraken.net/rail/train/tr_55.html を
 小田急の車両形式についての解説は、裏辺研究所内部の「小田急電鉄車両一覧」
 http://www.uraken.net/rail/chiho/odakyu.html を参照してください。
(撮影&本文:ネオン)


左から、通勤車両モハ1系、通勤車両2200系、ロマンスカー3100系。
現役車両が1つも無く、ファミリーというよりは大人向けかもしれない。
3100系NSE
(この写真のみ、裏辺所長撮影)
上記車両の裏側にまわると、もう2台隠れていました。
左から、ロマンスカー3100系、通勤車両9000系、通勤車両2600系。
これを撮影するには、ロマンスカー3100系の内部を通り抜ける「車内見学」の
列に並ぶ必要があり、1時間以上待たされるハメに・・・。
おまけ。海老名車両基地の反対側にあるショッピングモールでも
第2会場としてイベントが開催されていました。
その中の1つ「バンド演奏」より。このバンド名は・・・w



←206.「雷鳥」マーク掲示、489系ボンネット久しぶりに運転!@京都
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ