216.尾久車両センターふれあい鉄道フェスティバル開催
 2006年11月11日、毎年恒例となった尾久車両センターふれあい鉄道フェスティバルが行われました。今年はあいにくの空模様となりましたが、多くの家族連れや鉄道ファンが訪れておりました。今回の特徴は「きらきらみちのく」が青森から上京し車内も自由に見学できたことが挙げられます。後述するトレインジャーショーを含め、青森に列車で行こう!という宣伝の色合いが強いイベントでした^^;
(撮影&本文:ネオン)


茶釜のEF64に、「北斗星」のヘッドマークがとりつけられました。(反対側は「北陸」)

左から、DD51、EF64、きらきらみちのく。列車が互い違いに展示され、しかも撮影エリアの制限がないので、並びの撮影は難しいです。

EF81-95に、旧客車を連結して「ゆうづる」
ちなみに反対側はEF65-1118の「銀河」

その「銀河」と夢空間の並び。会場内には他に、485系華、EF55機関車
EF58-61機関車が展示されていました。

北斗星の客車を使用した車体ジャッキアップ実演

おまけ。新幹戦隊トレインジャー
青森に連れてってという内容のテーマソングのもと登場。
5人戦隊にするためか、強引に「こまち」を2人にしています・・・。



←215.EF58+マイテ49、「旅の贈りものをたどる旅」号運転@下関
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ