221.583系仙台車による川崎始発ミステリー列車、運転!
 11月19日JR東日本びゅうプラザ川崎企画によるイベント「583系電車で行くミステリー列車」が行われ、この企画での主役583系は仙台車が運用に入りました。行き先は到着してからのお楽しみということで車内では行き先当てクイズや583系写真展、じゃんけん大会なども行われました。また写真展を行う3号車は仙台車としては珍しく寝台設備を展開して行われました。お弁当、おやつなども用意され、最後には記念切符も配布されています。
 ツアーのルートは川崎駅〜東海道線〜国府津〜東海道線〜武蔵野南線(貨物線)〜武蔵野線〜京葉線〜葛西臨海公園、帰りは葛西臨海公園〜京葉線〜武蔵野線〜南武線〜川崎というルートを辿りましたが、南武線内による人身事故のため川崎到着が大幅に遅れるというハプニングも発生しました。
(写真&解説:新★幹★線さま)


葛西臨海公園では、今回使用された583系の折り返し回送なども見ることができました。

川崎駅に戻ってきた583系


企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ