222.秩父鉄道3000系さよなら運転イベント開催@三峰口
 11月25日、秩父鉄道で急行「秩父路」として活躍してきた3000系の引退を記念するイベントが開催されました。3000系はJR東日本の165系急行型電車を改造した車両で、1992(平成4)年から秩父鉄道で通勤・通学や観光の足として活躍を続けてきました。運転最終日となったこの日は、臨時列車としてさよなら運転が開催され、三峰口駅に到着後、折り返しの時間まで構内で後継車両の6000系などと並んだ撮影会や、部品販売会などが開催され、多くのファンでにぎわいました。


三峰口駅にずらりと並んだ、秩父鉄道の車両たち

引退する3000系(左)と、後継の6000系(右)


←221.583系仙台車による川崎始発ミステリー列車、運転!
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ