○高松琴平電鉄「セピアの響」号運転&撮影会実施
 2007年2月3日、高松琴平電鉄琴平線において、同線で活躍したレトロ電車の様子を収録したDVDが発売されるのを記念して、「セピアの響」号が同線において運行されました。琴電琴平方から1000形120号、3000形300号、同315号の3両編成で高松築港〜滝宮を数往復し、最後の滝宮〜仏生山(営業列車としては一宮まで)の運転は琴平側に60形65号を連結した4両編成での運転となりました。
 また、同日午後から仏生山工場において車両撮影会が実施され、65号、120号、デカ1形、5000形500号が用意されました。また、午後5時からライトアップ撮影会も実施され、500号とデカ1形がそれぞれライトアップされました。
(解説・撮影:リン)

香東川に架かる鉄橋を行く下りレトロ電車(一宮〜円座)
下り65号回送と上りレトロ電車の交換(陶駅)。
旧型電車4連となった上り電車(畑田〜挿頭丘(かざしがおか))。
120号とデカ1形
65号+500号
500号+急行ヘッドマーク(本物)
ライトアップ撮影会


企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ