261.189系あさま色による特急「あずさ」、久しぶりに運転!
 5月3日、長野総合車両センターの189系N101編成(旧あさま色)による特急「あずさ」(新宿〜松本)が運転されました。同塗装による「あずさ」の運転は1998年以来の運転であり、沿線には多くのファンが詰め掛けました。また、この運転に併せてN101編成に「あずさ」「かいじ」幕が追加されたのが特徴で、これからの多客期にも運転されることが予想されます。
(解説:撮影:裏辺金好)


本題に入る前に、新宿駅で定番の幕回しから。まずは「あさま」。
長らくまったく出番の無い「はまかいじ」。
それから、「ムーンライト信州」、快速アルプス、ファンタジー舞浜号など・・・。
そしてお待たせしました、「あずさ」
と、思いきやサービスなのか「かいじ」幕に一瞬だけ。
そして中野駅へ移動して撮影しました。この組み合わせ、なかなか似合ってます。
こちらは、輝龍様が茅野市の某所で撮影されたもの。
今回の側面方向幕。新たに用意されたものです。


←260.189系彩野による特急「日光」(横浜始発)運転!@新宿
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ