272.美濃太田で保管中の貴重なJR東海車両達’07
 2005年にも、こちら で紹介しましたとおり、JR東海の美濃太田運輸区(最寄り駅:JR太多線 美濃川合駅)では90年代に引退したJR東海の名車達が保管されています。集めるだけ集めて、果たして活用策はどうするのかが長らく注目されていましたが、JR東日本の鉄道博物館に刺激されて、「構想段階」とは言え、ようやくJR東海でも鉄道博物館建設の検討段階に入った模様。おそらく、これらの車両が展示されるのだと思いますが、腐食も始まっているだけに、早めの保存活用が望まれます。さて、今回はリンさんが2007年7月現在の状態を撮影してきましたので、ここで紹介します。
(写真:リン)
103系(クモハ103-18)が移動してきたほか、12系トロッコファミリー用の客車も保管(?)を開始。
キハ58-787と、キハ28-2353。
反対側から。
キハ80系。
懐かしい381系0番台。クロ381-11+モハ381-1+モハ380-1+クハ381-1の4両1編成が保管されています。特急シンボルマークがないのが気になりますが・・・。また、JR四国色のキハ180-1が見えます。これはこれで懐かしい塗装!
クモハ103-18。鉄道博物館入りの際は、JR東海カラーのままにするのか、国鉄時代のスカイブルーにするのでしょうか。
クロ381-11。
オハフ46形。


←271.ことでん30形引退記念イベント開催
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ