282.489系特急「懐かしのはくたか号」運転
 9月15日(土)、16日(日)にJR西日本の489系を使用し、上越新幹線開業前の特急「はくたか」号のリバイバル運転が行われました。新潟県中越沖地震により信越本線が長らく不通であったため、一時は「ほくほく線」経由での運転も計画されましたが、運転直前に信越本線が復旧。そのため、幸いにも長岡を経由する正規のルートでの運行となりました。
 なお、写真が投稿され次第、随時追加していきますので、たまにチェックしてみてください。

15日の運転。長岡方は文字マークの「はくたか」
(写真:北陸本線 高岡〜越中大門/撮影:CH様)
上野方(金沢方)は絵入りマークを掲出。
(写真:高崎線 北本駅/撮影:裏辺金好)
(写真:高崎線 北本駅/撮影:裏辺金好)
16日の運転。
(写真:北陸本線 金沢駅/撮影:CH様)
方向幕はシールで再現。
(写真:北陸本線 金沢駅/撮影:CH様)
683系や415系と並ぶ。
(写真:北陸本線 金沢駅/撮影:CH様)


←281.松任工場レポート’2007年9月
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ