286.快速「さよなら旅路号」運転
 9月30日、老朽化と利用率低下により引退が決まったJR西日本が所有するジョイフルトレイン「旅路」のラストランとして、広島→下関で「さよなら旅路」号が運転されました。普段は団体専用列車として運転されてきた同列車ですが、「さよなら旅路」号は臨時快速としての運転だったため、1ヶ月前の発売とほぼ同時に売り切れた模様です。
 始発駅の広島を始め、沿線には多くのファンが詰めかけ、列車を見送りました。そんな列車に乗車することが出来ましたので、報告します。
(解説・撮影:リン)

広島駅に入線。この後記念セレモニーが行われました。
最後部の展望室から。この光景も見納めに。
下関駅に到着。
乗客に配布された記念乗車証。


←285.江ノ電300形303号、引退記念フォトセッション開催
企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録トップページへ  裏辺研究所トップページへ