○41年間ありがとう!115系電車さよなら運転@赤羽
 東北本線(宇都宮線)、高崎線を長年走り抜いてきた115系が、2005年1月15日をもって正式に引退することになり、さよなら運転が上野〜黒磯で行われました。当日はあいにくの雨模様で、しかも非常に寒く撮影には最悪の環境でしたが、赤羽駅にて撮影。この赤羽駅もまた撮影には非常に不向きで・・・。寒さで思考が停止し、他の駅で撮影するという手段が思いつけませんでした。てなわけで、この程度の写真で勘弁してください。及び、黒磯駅での模様を投稿して頂きましたので紹介します。
 また、現役時代の姿も掲載しておきます。

 なお、インターネット上では少し問題になっているみたいですが、終点の黒磯でビールをかけていた人がいたそうです。これをめぐって怒号が飛び交ったらしく、まったく非常識極まりない。こうした引退式見直しへの影響も考えられることで、くれぐれも静かな撮影を心がけて頂きたいものです。ビールかけは論外!!
 

上野駅へと回送される115系。サボも用意されています。

赤羽駅へ進入する115系。今後、湘南色の115系は上越線、両毛線、山陽本線など一部の路線のみとなります。さて、次は113系の東海道線からの引退ですね・・・。

黒磯駅にて。両端に付けられたヘッドマークも印刷された幕が掲示。
(撮影:竹ピー様 禁転載)

側面方向幕は「団体」で、そのかわりサボが用意。
(撮影:竹ピー様 禁転載)

115系で指定席というのもある意味で面白い話です。ともあれ、色々と手間をかけています。それだけに天候が残念でした・・・。
(撮影:竹ピー様 禁転載)

過去の姿いろいろ

高架化工事の進む浦和駅にて。115系が消えてほどなくして、風景は大きく変わる予定。

大宮駅にて。快速「むさしの」で運用される115系スカ色との並び。

湘南新宿ラインが運転を始めた頃の池袋始発の115系。

わずかな期間ながら、湘南新宿ラインを走っていた頃の115系。方向幕はこんな感じ。

上野駅で出発を待つ115系。


企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録へ  裏辺研究所トップページへ