○京成3000形甲種回送@本郷台
 見れば解りますが、京成3000形の甲種回送。・・・あれ、京成はJRより線路の幅が広いはずなのにJR線走れるの? ということで、もこてん様からの写真投稿&解説です。どうも有り難うございます!

 この甲種回送は豊川の日本車両から横浜羽沢→本郷台→大船→逗子の経路で回送されたものです。逗子の東急車輛で本来の1435ミリ台車に履き替え、京浜急行→都営浅草線→京成線と回送されます。ついでに、京成3000形の30分ほど後に姿を見せたE491系「EAST−i」も掲載します。撮影日は1月28日。禁転載。
 

なるほど、そういうわけでJR線を走っているわけです。

209系との並び。構造が似ているので、あまり違和感ないですね。

そして、E491系「EAST−i」。意外にも3両目がパンタグラフを上げています。


企画特集(イベント列車・珍しい列車)トップページへ
日本の旅・鉄道見聞録へ  裏辺研究所トップページへ