京都市中京区(2)〜室町幕府発祥の地&三条通の近代建築〜
  Kyoto City Nakagyo Area (2)

▼MAP

▼アクセス
京都市営地下鉄 烏丸御池駅など


旧第一銀行京都支店
1906(明治39)年築。辰野金吾の設計で、辰野式と呼ばれる赤煉瓦に白帯のスタイル。2003年に改修されるも(実質的に建替え)、現在も第一銀行の後裔である「みずほ銀行」が使用。なお、隣にあった旧住友銀行(1938年築)は解体されました。
 数多くの町屋建築や寺社仏閣がある京都ですが、実は洋風な近代建築も数多く残っています。
 今回は三条通とその付近の近代建築を中心に、室町幕府発祥の地など様々な史跡なども見ていきましょう。

六角堂(頂上寺本堂) [市指定文化財]
 1875(明治8)年築。六角通にある寺で、六角円堂と拝所からなる複合建築であるのが特徴。南近江の戦国大名、六角氏はこの付近に屋敷を構えたことから、佐々木氏より六角氏を名乗りました。

旧北國銀行京都支店
 1916(大正5)年築。旧第一銀行より少し南へ、烏丸通沿いに建つ銀行建築。辰野金吾と片岡安の設計で、やはり辰野式のデザインを見ることが出来ます。最近使用されなくなった模様で、先行きが不安。

中央郵便局 [市登録文化財]
 1902(明治35)年築。三条通を代表する煉瓦建築の1つで吉井茂則の設計。白い隅石など辰野式とはまた違った赤レンガ建築の美しさを示してくれます。
 1973(昭和48)年に郵政省(当時)が建替えを発表しますが、保存を求める声が多く、全国で初めて外壁保存、内部建替えというスタイルを採用。今に至るまで、近代建築の保存について賛否両論があります。

旧日本銀行京都支店
(現・京都府京都文化博物館別館)
 [重要文化財]
 1906(明治39)年築。東京の日本銀行本館や旧第一銀行京都支店などと同じく、辰野金吾の設計(及び長野宇平治の設計)。非常に重厚な質感があります。

分銅屋「足袋」(左) 五島家住宅(右)
 分銅屋は幕末に創業した足袋の専門店で、近代京都の町屋建築の名残をとどめています。

日本生命京都支店 [市指定文化財]
 1914(大正3)年築。辰野金吾と片岡安の設計。辰野式の赤レンガ建築とは異なり、片岡安の色彩の濃い、石張り建築となっています。
 1983(昭和58)年に改修された際、東側部分のみが保存されました。

旧家辺時計店
 1890(明治23)年の建築で、三条通周辺の煉瓦建築の中でも最も古い。実は、木造建築に煉瓦を張っているのがミソ。中央のアーチを受ける柱もありません。

旧不動貯蓄銀行(現・SACRAビル)
 1916(大正5)年頃築。

日昇別荘

旧毎日新聞社京都支局 [市登録文化財]
 1928(昭和3)年築。武田五一の設計で、あちこちに毎日新聞社の社章の星がちりばめられています。最近まで、引き続いて毎日新聞社が使用していました。

富田歯科医院

本能寺本堂
 1928(昭和3)年築。本能寺は三条通から寺町通りに入り、御池通近くにある寺で、織田信長が明智光秀に討たれた寺として有名。ただし、現在の場所には豊臣秀吉の命により移転させられたため、本能寺の変の舞台とは場所が異なります。

京都市役所本庁舎
 1931(昭和6)年築。力強い雰囲気を持つ官庁建築で、武田五一と中野進一の設計。縦に長く、横に短い窓の配置が特徴的です。

室町幕府発祥の地 足利尊氏邸・等持寺跡
 御池通から高倉通に入ると、京都府保険事業共同組合・保事協会館がある場所に、足利尊氏邸・等持寺跡」の顕彰碑および解説板があります。この付近が、のちに室町幕府と呼ばれるようになった足利氏の政権発祥の地で、足利尊氏が政務を執りました。そして、3代将軍足利義満は室町通沿いに花の御所を造り、移転しています。

室町幕府発祥の地 足利尊氏邸・等持寺跡
 御池通から見た風景。今ではすっかりビル街になっています。

御所八幡宮
 御池通りを挟んで、足利尊氏邸跡とは反対側にある神社。かつては尊氏邸・等持寺の鎮守社だったと言われています。

旧明倫小学校(現・京都芸術センター)
 戦前に建てられた学校。東京の画一的な学校建築とは異なり、地元の篤志家などが競って寄付をして建築されているため、非常に豪華な造り。

おまけ
 京都では通りの1本1本に名前がついており、このように表示されています。また、多くは通りの名前の由来まで解説版が用意されていますので、それを読むのも楽しいです。

おまけ
 御池通沿いにある町屋建築群。