岡山県倉敷市〜倉敷美観地区の町並み〜
  Kurashiki City
 岡山県倉敷市は岡山市と並ぶ岡山県の大都市で、主に倉敷、児島、玉島、水島の4地区から成立しています。このうち倉敷地区は江戸時代に幕府の代官所が置かれ、高梁川を利用した物資の集積地として発展。さらに明治維新後は、玉島地区と共に紡績業が盛んになり、現在の倉敷紡績株式会社(クラボウ)などが誕生しています。また、水島地区は石油化学コンビナートで有名で、教科書でもおなじみの場所。
 さて、倉敷市は現在も古い町並みが各地にありますが、今回はその中でも特に有名な、市中心部の倉敷美観地区を紹介します。倉敷川を中心とした商人の町で、1979年に伝統的建造物群保存地区に指定されました。白壁に、なまこ壁などが特徴的な町並みで、一部が適度に観光地化される一方、未だに多くの人々が暮らしているのが自然で魅力的。古いな町並みを上手く保存、活用している極めて優秀な例といえるでしょう。
 このほか、港町である下津井と玉島や、藤戸町、連島町などに残る町並みも非常にすばらしいもの。可能であれば、これらの訪問もおすすめです。

○場所

倉敷美観地区とその周辺
倉敷美観地区の町並み
 広範囲にわたって古い商家や民家が残る倉敷美観地区。特に有名な場所が倉敷川を挟んだ通り。
倉敷美観地区の町並み


大原美術館
 倉敷紡績の2代目、大原孫三郎氏が1930(昭和5)年に創立した日本初の私立西洋美術館。ギリシャ神殿風の本館が特徴で、設計者は薬師寺主計と渡辺要。
 館内には、エル・グレコの「受胎告知」を始め、孫三郎氏がヨーロッパから購入して収蔵した、世界的名画がずらりと並んでいます。また別館には、日本美術や骨董品、中国やオリエントの考古物なども別館で展示されており、美術品の聖地となっています。全部を見ていれば、もはや倉敷の町並みを見る体力が無くなりますので、町歩きが終わった後でじっくりと堪能しましょう。

倉敷考古館(写真左)
 江戸時代の米蔵を改築して誕生した博物館。吉備地方の出土品を中心に考古学資料を年代順に展示。
旧・倉敷町役場(現・倉敷館)【国登録有形文化財】
 1916(大正5)年築。倉敷考古館の向かい側に建つ、木造の元・町役場。
現在は観光案内所、休憩所として使われています。


} 大橋家住宅 【国重要文化財】
 1796(寛政8)年築。倉敷駅から歩いて、美観地区には入らずに右手に行ったところにある建物(阿知3丁目/近くには倉敷別院などがあります)。大橋家は元々、豊臣家に仕えていましたが滅亡後に倉敷へ移住。水田、塩田で財を成し、豪華な屋敷を構えました。
 現在も残る主屋や長屋門・米蔵・内蔵の4棟が国の重要文化財に指定されています。


倉敷美観地区の町並み
大原家住宅 【重要文化財】
 19世紀前半築。のちに倉敷紡績をなどを設立する大原家の住宅。後述する大橋家と共に倉敷随一の実力者で、その建物も共に、国の重要文化財に指定されています。
有隣荘
 1928(昭和3)年築。大原孫三郎が別邸として建てさせたもの。白壁の町並みの中で、対側地の大原美術館と共に独特な景観を形成しています。
旧小山家住宅 (現 旅館鶴形)
 1744年築。倉敷三大名家ともいわれる小山家の建物を、1970年に旅館として保存、再生したもの。
倉敷美観地区の町並み
 倉敷川に面した場所以外も、広範囲にわたって古い町並みが残っています。
井上家住宅 【重要文化財】
 正徳年間(1711〜16年)築。本町通りに残る古い町屋で、美観地区では最も古い建物です。特徴は、2階にある7つの倉敷窓のすべてに土扉が付いていること。
 近年、崩壊しかけていた姿から一新。
 見事に修復されていました。
倉敷美観地区の町並み
 路地などを散策するのも、趣があります。
倉敷美観地区の町並み
本町通りの町並み。倉敷川沿いとは違った雰囲気が楽しめます。
中国銀行倉敷本町支店 【国登録文化財】
1922(大正11)年築。大原美術館と同じく、薬師寺主計の設計で、ルネッサンス風の銀行建築。今や数すくなってきた、銀行が現在でも使用する銀行建築。
倉敷アイビースクエア
 倉敷紡績のレンガ工場を利用した施設。ホテルのほか、近代絵画を展示する「アイビー学館」、倉敷紡績の歩みを紹介する「倉紡記念館」(これがかなり面白い)や陶芸教室があります。
倉敷代官所跡
アイビースクエア内にある、倉敷代官所跡の石碑。
ここは、幕府の代官所があったところでもあります。
倉敷アイビースクエア
倉敷アイビースクエア「アイビー学館」
 1889(明治22)年築。倉敷紡績のレンガ工場を利用した施設で、西洋絵画の誕生から抽象絵画への流れを解説する「近代絵画の動画とその展開」コーナー、吉備路を紹介する「吉備国の残照」コーナーがあります。
倉敷アイビースクエア「児島虎次郎記念館」
【国登録文化財】
 大原美術館別館。大原孫三郎と生涯親交を持った画家、児島虎次郎を顕彰する施設です。児島虎次郎は、孫三郎より1歳年下だったこともあって孫三郎とは非常に仲がよく、大原美術館に展示されているモネ、エル・グレコ、ゴーギャン、ロダンなどの名画は、彼がヨーロッパで買い付けてきたもの。
倉敷アイビースクエア「倉敷紡績記念館」【国登録文化財】
 倉敷紡績の歴史を紹介する施設。日本繊維産業の歴史も学習することが出来ます。
本町・東町の町並み 
倉敷アイビースクエアの東側に広がる古い町並み。見落としがちですが、こちらも非常に見ごたえのある空間です。倉敷美観地区の中心部とは違った雰囲気の、やや庶民的な町並み。
旧楠戸家住宅 【市指定重要文化財】
明治中期の商家。

倉敷チボリ公園
 JR倉敷駅北口に広がる、19世紀デンマークの町並みを再現した観光施設。旧倉敷紡績(クラボウ)倉敷工場跡地を利用して、1997(平成9)年にオープンした施設で、デンマークの人気観光施設である、チボリ公園と提携して完成させたものです。白壁の町並みとはまったく異質な施設ですが、「古い町並みばかりはちょっと・・・」という観光客や、小さな子供を連れた家族には最適です。
 ・・・だったのですが、利用客の低迷により2008(平成20)年12月31日に営業を終了。跡地は2011(平成23)年より、イトーヨーカ堂を核とするアリオ倉敷、三井アウトレットパーク 倉敷、倉敷みらい公園となっています。

倉敷チボリ公園があったころのJR倉敷駅北口(2005年)


アリオ倉敷などが開業した後の、JR倉敷駅北口(2013年)


在りし日のチボリ公園(以下全て)