大分マリーンパレス水族館「うみたまご」〜大分県大分市〜


 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」は、ニホンザルで有名な高崎山自然動物園のすぐ近くにあり、別府湾に面しています。1964(昭和39)年に大分生態水族館マリーンパレスとして開館したもので、2004(平成16)年に約3倍へ拡張リニューアルされた際に、現在の名称となりました。
 セイウチやペリカン、イルカのショーなどが開催されていますが、お客さんとの距離が非常に近いのが特徴。特に、2015(平成27)年に誕生した「あそびーち」は、動物とあそぶ×アートとあそぶ」をテーマとし、砂浜でイルカを間近に観察できます。
(撮影:リン/解説:裏辺金好)

○地図



○風景






















ヘラヤガヤ




イトヒキアジ


ディスカス
スズキ目カワスズメ科で、円盤(ディスク)のような円形の体をしていることから、この名前が付きました。




あそびーち



































↑ PAGE TOP