慶応大学三田キャンパスとその周辺〜東京都港区〜


 慶応大学三田キャンパスは、江戸時代に島原藩中屋敷があった場所が1871(明治4)年に慶応義塾へ貸付(翌年に払い下げ)されて以来の場所で、敷地はそれほど広くないものの、数々の近代建築が残っています。このページでは慶応大学の北側にある近代建築も併せてご紹介します。
(撮影・解説:裏辺金好)

○地図



○風景


慶応義塾三田演説館 【国指定重要文化財】
1875(明治8)年築。木造二階建、桟瓦葺、ナマコ壁の建物で、福沢諭吉が三田演説舍の会堂として建てさせた疑洋風建築です。慶應義塾大学草創期の歴史を今に伝える貴重な建築であるほか、日本最初の演説会堂であり、大変貴重な建築です。

慶応義塾図書館旧館 【国指定重要文化財】
1911(明治44)年築/設計:曾禰中條建築事務所
慶応義塾設立50周年記念事業として建設されたもので、煉瓦造(一部鉄筋コンクリート造)、二階建、地下一階、一部三階、書庫六階。関東大震災の被災等によって内部の回収は行われていますが、当時は旧態をよく残しています。


慶応義塾図書館旧館 【国指定重要文化財】

慶応義塾図書館旧館 【国指定重要文化財】

慶應義塾大学塾監局
1926(大正15)年築/設計:曾禰中條建築事務所

慶應義塾大学第一校舎
1937(昭和12)年築/設計:曾禰中條建築事務所


慶應義塾大学幻の門
1913(大正2)年築の旧正門を移設したもの。


旧・東京地方簡易保険局
1929(昭和4)年築/設計:逓信省経理局営繕課
鉄筋コンクリート造地階付き3階建、一部4階の建築。かんぽ生命保険 東京サービスセンターとして使用されていましたが、売却。今後の先行きが懸念されます。


綱町三井倶楽部
1913(大正2)年築/設計:ジョサイア・コンドル
曲線や装飾を駆使したバロック風の重厚な建築で、三井グループ会員会社の管理職以上の役職者および役員OB等が使用する会員制の施設です。


綱町三井倶楽部
綱町三井倶楽部は佐土原藩島津家上屋敷跡に建築されており、2009年までは長屋が現存していました。

↑ PAGE TOP