旧横浜鉄道歴史展示(旧横ギャラリー)〜神奈川県横浜市中区〜


 2020(令和2)年6月27日、横浜市役所新市庁舎が移転してきたことに伴いJR桜木町駅に新南口(市役所口)が誕生しました。
 さらに、新南口直結の商業施設「CIAL桜木町ANNEX」と「JR東日本ホテルメッツ横浜桜木町」が誕生。この場所は1872(明治5)年に日本で初めて鉄道が誕生した際に設置された、初代横浜駅があった場所であることから、駅ビルの外観が往時を模したものになっているほか、1階に旧横濱鉄道歴史展示(旧横ギャラリー)が併設。
 鉄道開業時の車両で青梅鉄道公園から移設された110形蒸気機関車と、新たに復元された中等客車、鉄道開業時にイギリスから輸入された双頭レール、初代横浜駅にジオラマなどが展示されています。
(撮影:裏辺金好)

○地図



○風景


駅ビルの外観


新南口の改札。

駅舎内に設置された大きなパネルに鉄道開業時の風景写真を掲出

旧駅舎との位置関係。

往時も概ねこの辺りに線路があり、列車が発着していたかと思うと感慨深いもの。


復元された中等客車

車内も再現されている




双頭レール。イギリスのダーリントンで製造され、新橋〜横浜、または大阪〜神戸で使用するために輸入されたと考えられています。後に日本石油(株)柏崎製油所で使用され、大切に保管されてきたものです。






鉄道創業期の遠方信号機















初代横浜駅の内部


↑ PAGE TOP