甘楽町小幡の古い街並み〜群馬県甘楽町〜
  Obata Area in Kanra Town , Gunma Prefecture

 甘楽町の小幡地区は、鎌倉時代から戦国時代にかけて、豪族・小幡氏の根拠地として栄えた場所。1615(元和2)年に織田信長の次男、織田信雄が上州小幡2万石及び大和国宇陀郡3万石が与えられ、8代152年にわたり織田家が支配した後、松平氏が入封し明治維新を迎えました。

 そして、1959(昭和34)年に小幡町・福島町(一部富岡市に合併)・新屋村が合併し、現在の甘楽町が誕生しました。それほど古い建物が数多く残っているわけではありませんが、織田信雄らの墓が残されているなど、織田信長が亡くなって以降の織田家を語る上では、欠かせない場所です。
(撮影・解説:裏辺金好)

○場所


○風景

雄川堰
 甘楽町を南北に流れる雄川堰は、日本の名水100選にも選ばれた生活用水路。
小幡地区に入ると、まずこの雄川堰と古い街並みが見えてきます。
古くから人々がこれを利用したもので、桜の季節には絶景。

旧・甘楽社小幡組煉瓦倉庫 (現・甘楽町歴史民俗資料館)
 1926年築のレンガ倉庫。製糸工場を運営した甘楽社小幡組の建物で、戦時下に工場が閉鎖されるまで利用。
この地区の養蚕産業を代表する建築です。


小幡陣屋跡周辺
 江戸時代に小幡を統治した小幡陣屋(幕末期には小幡城と改称)は、明治維新後に建物や土地が払い下げられ、現在は何も残っていませんが武家屋敷(写真右は高橋家)とその石垣や、道路は当時のままです。


小幡陣屋跡周辺
 1つ上の写真とは反対方向から。陣屋は無くなりましたが、現在は往時の雰囲気を味わえるように塀が再現されています。なお、撮影時には整備中のため紹介できませんが、楽山園と呼ばれる庭園が小幡陣屋の関連施設として挙げられ、整備が進められています。


小幡陣屋跡見取り図


喰い違い郭
 旧陣屋の中小路に面して造られたもの。戦争の際に防衛の役割を担ったとか、
下級武士が上級武士に出会わないよう、隠れる場所だったとも言われています。


小幡八幡宮
小幡藩織田家三代藩主、織田信昌が創建した神社。建物はそこそこ古そうには見えますが詳細不明。

織田宗家七代の墓〜崇福寺の旧境内〜

 小幡藩織田家初代藩主、織田信雄から7代藩主、織田信富まで7人の墓があります。
写真は、最も大きい織田信雄の墓。


織田宗家七代の墓〜崇福寺の旧境内〜
 織田信雄の墓を手前にして、順番に7つの墓が(信良−信昌−信久−信就−信右(のぶすけ)−信富)。なお、5代〜7代藩主の墓は、崇福寺で1758(宝暦8)年、1871(明治4)年に発生した火災による被害で、破損したままです。


松井家住宅
 江戸時代に名主を務めた松井家の屋敷。江戸時代中期の建物で、この地方の代表的な造りをしています。
現在も甘楽町を歩くと、こういった雰囲気の建物が数多く改修されて使われているのが解ります。


松井家住宅

旧小幡藩武家屋敷・松浦氏屋敷
 約300年前に造られた、小幡藩織田家統治時代の武家屋敷。本来は茅葺屋根の家ですが、修復する予算が無いため、暫定的に茅葺の上にトタン屋根を載せて保護しています。子孫の方の話によると、茅の吹き替えだけでも4000万円以上はかかるとか。建物は老朽化著しく、現在は中に入れない状態なので、早急な対策が求められます。

旧小幡藩武家屋敷・松浦氏屋敷
 雄川堰から取水する小堰を利用し、さらに山々を借景にした庭園。武家屋敷の庭園として大変資料的価値が高いものです。
 なお、松浦家屋敷は県指定文化財。
 また、現在の松浦さんの家の中にあるような雰囲気のため、一見すると見逃してしまいますので要注意。

吹上の石樋
 1865(慶応元)年、7ヶ月と250人の手間を費やして造られたもの。長さ6mの巨大1枚岩を組み合わせたもので、下を流れる川と立体交差させました。これを通って、雄川の水が、雄川堰へと流れていきます。

吹上の石樋
 別角度より。
 こういうのを見ていると、古代ローマの水道を思い浮かべる3人でした。あれは2000年前に造ったのですから、恐るべし技術ですね。

長厳寺
 天台宗の寺。これが意外と面白い寺だそうなので、ちょっと行くことにしました。


長厳寺〜木魚〜
 まずは、この木魚を木槌で叩いて一礼して入ります。なるほど、これは木魚ですね〜(笑)。

長厳寺〜放置された駕篭〜
 価値が微妙にありそうで無いのでしょう。おそらく捨てるわけにも行かず、保存するのも難しく、このように朽ち果てる日を待っているような状態でした。

長厳寺〜日本一の磨崖仏〜
 裏山に掘られた、日本最大といわれる磨崖仏。ただし、1979(昭和54)から6年かけて造られた新しい物だそうです。

長厳寺
 磨崖仏の前には、岩を使った彫刻が。
 こちらは、山伏のようです。

長厳寺
 一方、こちらは亀の彫刻のようです。