第78回 関東大震災

○内閣総理大臣不在の中・・・

 1923(大正12)年9月1日午前11時58分、相模湾北部を震源とするマグニチュード7.9の地震が関東を襲いました。当時は今のように明確な耐震基準も無く、さらに江戸時代以来の木造家屋も密集。地震で多くの建物が倒壊し、さらに昼食時ということで炊事などに由来する火災が発生。

 3日間にわたって、辺りは火の海になってしまい、死者・行方不明者の9割は火災による焼死でした。中でも、本所区(現、墨田区南半部)の陸軍被服廠(ひふくしょう)跡だった約6.6万uの空き地では、火の手に追われて避難してきた江東一帯の人々3万人以上が、さらに火に追われて焼死されたそうです。

 また、小田原や熱海など関東南部には津波も押し寄せ、これも甚大な被害を与えています。

 この結果、死者・行方不明者は10万5000人程度、住家全潰10万9000棟余、半潰10万2000棟余、焼失21万2000棟余(全半潰後の焼失を含む)という被害が出たと考えられています。また東京の被害ばかりが注目されますが、当然のことながら震源に近い神奈川県での被害も非常に大きい。東京での被害が拡大したのは火災による原因が大きく、地震による直接的な住宅への被害は神奈川県の方が甚大でした。

▼参考:株式会社 鹿島ホームページ「関東大震災の住家被害数および死者・行方不明者数」
http://www.kajima.co.jp/news/press/200509/image/6a2.jpg


帝都大震火災系統図 (江戸東京博物館蔵)
火元の位置や火の手の方向などを記した地図。被害の大きさを物語っています。

 ちなみに、従来は文部省(現、文部科学省)の震災予防調査会が1925年に出した報告に基づき、死者・行方不明者14万2807人に、全・半壊家屋25万4499戸、焼失家屋44万7218戸と考えられていましたが、死者・行方不明者の数については捜索願などの二重カウントが指摘されており、最初にご紹介した数字が最近の通説となって入ます。

 そして交通や電気、通信などのインフラも完全に崩壊。「富士山が大爆発」「東京湾に大津波」「朝鮮人が暴動」などのデマが飛び交い、市民の中には自警団を結成して、かえって無秩序になって虐殺行為に及ぶケースも。2日午後、政府は戒厳令を出して、軍隊を出動し、警戒作業に当たらせました。

 また、社会主義者に対する弾圧も行われ、無政府主義者、アナキストの大杉栄(おおすぎさかえ 1885〜1923年)、伊藤野枝夫妻と、大杉の甥で6歳の橘宗一が憲兵隊の甘粕正彦大尉らに連行されて殺害された甘粕事件や、軍によって社会主義者が殺された亀戸(かめいど)事件が発生。国家による統制が強化されました。

○ドロドロの人間関係

 ちなみに大杉栄は香川県丸亀市の出身で、東京外国語学校(現・東京外国語大学)在学中に足尾鉱毒事件に関心を持ち、社会主義運動に身を投じます。このため、東京市電値上げ反対運動、その後も新聞紙条例違反、金曜会屋上演説事件、赤旗事件などで入獄を繰り返す一方、このために幸徳秋水らが逮捕された大逆事件は、逆に免れます。

 そして労働組合至上主義、直接行動を訴えるなど、なかなかに過激な主張をする一方、私生活では堀保子と結婚しながら、婦人運動家で戦後は社会党の衆議院議員となった神近市子(かみちかいちこ 1888〜1981年)、やはり婦人運動家の伊藤野枝(いとうのえ 1895〜1923年)と不倫関係。伊藤野枝も旦那さんと子供を捨てて、大杉栄と交際を開始したという・・・。

 皆さん自由過ぎて、既存の価値観にとらわれない・・・と評価すべきなのか良く解りませんが、幸せなハーレムが出来上がるわけは無く、ドロドロすぎる四角関係は、業を煮やした神近市子が大杉栄を刺すという事件に発展。神近市子は服役し、大杉栄は妻と離婚して伊藤野枝と結婚しています。