裏辺研究所所長のちょっとだけ暴言・暴論 > 第9段棒


ネット上で、世の中の事象や歴史などを様々なことを解りやすく、詳しく紹介する裏辺所長。
そんな裏辺所長自身は何を考えているのか。世俗的なものから、政治・経済・歴史問題まで。
ちょっとだけ、裏辺所長が世の中をバッサリ切ります。
でも、裏辺所長の言うことを信じてはいけません。大切なのは、あなたがどう思うかです。

第9段   クソ新・自治体名大賞2004年6月版(6月15日’04)
*第1回は、03年5月27日に掲載

1.はじめに

 現在進んでいる平成の大合併。合併が進めば自治体の数が減る。自治体の数が減れば、それだけ地名が消えてゆく。
 まあ、合併は避けて通れませんし、そして、すべての地名を市町村名として保存しようとしたって、そんなのは無理です。

 ですが、お互いに配慮した結果、とんでもない新しい地名を付けることになり、そんな「トンデモ」名前が、次々と誕生しているではありませんか。これから誕生予定も含め、すべてこの私が断罪してくれるわ!ちなみに、公募や、住民投票を経て選んだ民主的な手続・・・などと言いますが、基本的には○○委員とかいう、有識者という名前のアホども、クソジジイどもが決めております。今回は、本当に暴言・暴論です。で、前回の掲載から1年が過ぎ、さらなる極悪地名が誕生しています。今までのも含め、まとめて御紹介しましょう。

 ちなみに毎度の事ながら、現場において地名の問題がかなり難しく複雑なことは解ってはいます。
 ですが、安易な妥協によって、まるで旅館の名前だとか、お菓子のブランド名みたいな地名を誕生させて欲しくない、そう考えてこの原稿を発表しております。そこの点はご了承頂きますと共に、一番下で私が提唱する地名の付け方を書いておきました。合わせてお読み下さい。

2.見事今回、大賞に選ばれた打ち首、獄門級新自治体名

佐賀県湯陶里市(ゆとり) 杵島郡山内町、藤津郡塩田町・嬉野町(2005.3.1?) 
 *祝 武雄市離脱。
 これが一番最悪。「ゆとり」だってさ。バッかじゃないの。温泉と、陶器の郷をイメージしたそうですが。なんですか、お菓子の名前ですか。もっとも、さすがに相当な反対運動が起き、2004年9月になって武雄市は離脱を表明。幸いにも今後、このクソ自治体名が登場するかは流動的に。しかし、誰でしょうね、こんな名前がふさわしいと勘違いした地名選定委員は。裏辺研究所まで来て、この地名が如何に素晴らしいか弁明してみてください。

 つか、幼稚園から入り直して、歴史のお勉強をしてください。
 ・・・多分、武雄に吸収されるのがどうしても嫌で、出来れば武雄の痕跡すら消したかったんでしょうね・・・。

3.準大賞に選ばれた打ち首、獄門級新自治体名

 以下の2つ。
愛媛県四国中央市 .川之江市、伊予三島市、宇摩郡新宮村・土居町(2004.4.1)
 この新しい自治体名を批判する意見に対し、関係者が堂々と開き直っているだけに余計に見ていて腹が立つ。さらに腹が立つのは、四国中央市は、四国の中央に位置していないと言うこと。地名選定委員、並びに新市名承認した関係者は四国の形も解っていないのだろうか。こう言う時は普通、「宇摩」か、他の自治体名にない「川之江」を使うの!

山梨県南アルプス市 中巨摩郡八田村・白根町・芦安村・若草町・櫛形町・甲西町(2003.4.1) 
 あきれても物言えない。しかし、マスコミからは意外に評判がいいような感じがするからもっと腹が立つし、図に乗って警察署まで「南アルプス署」。ちなみに、ローマ字表記は、minami-alps 海外にこの名前誇れますか? ヨーロッパに行って、自分の出身地を言えますか? 私の生まれは日本の南アルプスです。

 面と向かって、言えるかっていってんだよ。

4.市中引き回しの上、死刑に値する新地名

 引き続き、ここで紹介する新地名も、特に酷いものです。
 この名前を決めた委員は、一度幼稚園から入園し直し、お勉強をされることを勧めたいと思います。
 というか、国外追放。街中を歩くでない。
栃木県さくら市 塩谷郡氏家町・喜連川町(2005.3.28) 呆れて何も言えない。

埼玉県さいたま市 浦和市・大宮市・与野市(2001.5.1) 埼玉県なのに、さいたま市?いまさら、市の名前だけひらがなにしてどうするんだ!しかも、住民投票1位は「埼玉市」。採用しないなら住民投票何かするなボケ。さいたま市はこの上、区の名前も西区・北区・大宮区・見沼区・中央区・桜区・浦和区・南区・緑区。浦和・見沼・大宮の区名はともかく、与野の地名はどこへ消えた?そして、今から東西南北緑かよ。指扇とか、有名な地名があるだろう!委員さんたちの日本語力は大丈夫か?

 なお、岩槻市を合併し、岩槻区が誕生予定。さすがに、北西区みたいにはならなかったか。

静岡県伊豆の国市 伊豆長岡町、韮山町、大仁町(2005.03) アホ、バカ、マヌケ、クソ。特に、新市名を決める投票の際に無効票を入れた委員。投票も出来ないほど頭がバカなんですか。棄権している委員2名も死んで下さい。そして、伊豆の国でいいと言った委員は、脳みそを取り替えて下さい。

島根県隠岐の島町
 隠岐郡西郷町・布施村・五箇村・都万村(2004.10.1) ・・・・。地名を、宿泊施設の名前などと勘違いしているのか。

5.死刑に値する新地名

 基準として、「完全に地名の歴史を無視している」。漢字だと読みづらい、などの理由もないのに、「ひらがな」地名にしている。
 および、小さい自治体が「旧国名」を名乗るという、とんでもない横暴な行為を犯している。 そもそも意味が解らない。

青森県つがる市 西津軽郡木造町・森田村・柏村・稲垣村・車力村(2005.2.11) だから漢字で。「津軽」ぐらい漢字で書けますって。

青森県おいらせ市 上北郡百石町・下田町(2006.3.31) ? なんじゃこりゃ。「おいらせ」?? 「おしらせ」?? ・・・と思って調べたら、2町の流域を流れる奥入瀬川に由来するらしい。ならば漢字で何故書かない。多少読みづらいことを考慮したとしても、これでは本当に間抜けな地名。

茨城県ひたちなか市 勝田市・那珂湊市(1994.11.1)  ひたちの「中」かと、勘違いしておりましたが、「なか」とは那珂湊や、近隣の那珂郡の「那珂」だとか。将来的に那珂郡を合併する願いを込めたらしいが、それだったら漢字で書けばいいのに。でも、勝田市が許さなかったんだろうなあ。ちなみに、那珂市も誕生予定。ならば、勝田に戻す勇気も必要のはず。

埼玉県彩野市 蓮田市、南埼玉郡白岡町・菖蒲町(2005.3.) どう考えたって、蓮田だと思うんだが・・・。なお、彩とは、埼玉の「埼」より由来。おそらく最近の造語で、よく使われている。

埼玉県東埼玉市 北埼玉郡北川辺町・大利根町、北葛飾郡栗橋町(2005.4.1) 北埼玉郡が、東埼玉になるらしい。・・・。

埼玉県桜宮市(さくらのみや) 埼玉県久喜市・幸手市・鷲宮町 (2005.5.1)本来であれば、これも市中引き回し&死刑に輝くのだが、いくら何でも合併相手の名前が全部有名すぎるために選考が難しいこと、また、こちらは町名の中に、久喜、幸手、鷲宮を徹底的に残すことにした点は非常に評価。しかし、この新地名は・・・。なんとか、せめて久喜か幸手のどちらかを残し、地名が残らなかった方に市役所の本庁舎の位置などで優遇措置がとれなかったものか。

静岡県伊豆市 田方郡修善寺町・土肥町・天城湯ヶ島町・中伊豆町(2004.4.1) おそらく、修善寺、天城湯ヶ島、どちらを残そうかもめた末、両方消すことで決着したのだろう。勿体ない。しかし、「伊豆」が伊豆半島にも由来しているので、ギリギリ許容範囲内か。しかしおかげで、伊豆の国市が誕生してしまった。その責任は重い。

岐阜県ひらなみ市 海津郡海津町・平田町・南濃町(2004.3.29) ・・・なにこれ?

福井県南越前町  南条郡南条町・今庄町・河野村(2005.1.1)  南条郡なら南条でいいじゃん。

福井県越前市 丹生郡朝日町・宮崎村・越前町・織田町(2005.2.1) 越前とはこれまた大きく出たね。そして、織田町は、織田信長の祖先発祥の地。こう言うのを見ると、地名を失っていくもったいなさがよく解る。

和歌山県みなべ町 和歌山県日高郡南部川村・南部町(2004.10.1)  だからなんで?そんなに漢字が読めないんですか? 両方とも「南部」であるにも関わらず、あえて「ひらがな」にしたことから、死刑。まあ、「なんぶ」と読ませたくなかったんだろうけど、今度は「みなべ」ってどういう意味なのか解らなくなる。

鳥取県湯梨浜町(ゆりはま) 東伯郡羽合町・泊村・東郷町 (2004.3.29)・・・東郷湖から湧き出る温泉、大地がはぐくむ二十世紀梨、そして日本海に広がる白い砂浜をイメージ。綺麗なのは認めるし、一見すると悪くはない気がするが、やはりふざけたネーミングであることには変わりない。

香川県さぬき市
 大川郡津田町・大川町・志度町・寒川町・長尾町(2002.4.1) 「うどん」かよ!あほ! さらに「平仮名(ひらがな)」。

香川県東かがわ市
 大川郡引田町・白鳥町・大内町(2003.4.1) 先ほど見たように香川県大川郡は2つに分かれて市になった。ネーミングセンスはどちらも安直。しかも、「ひらがな」地名ということは、きっと大川郡の委員さんたちは漢字が読み書きできないんだろう。それで有識者か!

愛媛県愛南町  南宇和郡内海村・御荘町・城辺町・一本松町・西海町(2004.10.1) 愛媛の南ね。・・・・ふざけるな!四国は地名を何だと思っている。

福岡県うきは市 浮羽郡吉井町・浮羽町(2005.3.20) 気分はウキウキ、プール開きだ、「うきわ」を持って行こう。ワハハハハ。なんだこりゃ。後述の「にかほ市」同様、無期懲役的な地名だけど、あまりにも間抜けすぎるので、死刑に。

福岡県朝倉郡筑前町 三輪町・夜須町(2005.3.22) 

福岡県みやま市  山門郡瀬高町・山川町、三池郡高田町(2005.3.22) ・・・なんだこりゃ。合成地名かつ「ひらがな」なので2ポイントゲット。死刑確定。

熊本県あさぎり町
 球磨郡上村・免田町・岡原村・須恵村・深田村(2003.4.1) 雰囲気だけの地名に。・・でも、きれいな名前ではあるが・・・。

6.無期懲役に値する新地名

 いわゆる「ひらがな」市の大半、及び腹立たしい地名だが、しかし新市名をつけるのが難しかったであろうもの。
 また、既に大昔からよくある安直な名前。

秋田県にかほ市  由利郡仁賀保町・金浦町(2004.3) もしもし?間抜けですよ?

秋田県仙北郡美郷町 六郷町・千畑町・仙南村(2004.11.1) よくあるタイプの地名。

千葉県いすみ市 夷隅郡大多喜町・夷隅町・御宿町・大原町・岬町(2005.12.1) ううん・・・。まあ、「大多喜」か「夷隅」か・・・。どちらにせよ、「ひらがな」は・・・。

東京都西東京市 田無市・保谷市(2001.1.21)  2つともあまりに有名な市だったため、これは確かに苦労はしたと思う・・・。しかし、西?東?の京!?

石川県かほく市 河北郡高松町・七塚町・宇ノ気町(2004.3.1) お決まりのひらがな市名。締りが悪い。

福井県あわら市 坂井郡芦原町・金津町(2004.3.1) 漢字でいいだろ、漢字で!

福井県春坂市 福井県坂井郡春江町・坂井町(2004.3.15) 2つの町名の頭文字をとっただけ。ただ、明治時代にも多く見られた例で、今更怒るほどの事ではないかもしれない。しかし、あたかも昔からあったような地名に感じられ、元々の名前が何だったのか解らなくなるので宜しくない。

岐阜県飛騨市  吉城郡古川町・河合村・宮川村・神岡町(2004.2.1) おいおい。せっかくスーパーカミオカンデが有名になったのに・・・・。

三重県伊賀市  上野市、阿山郡伊賀町・島ヶ原村・阿山町・大山田村、名賀郡青山町(2004.11.1) 新市の面積を考えると、伊賀でもダメとは言わないけど勿体ない。伊賀上野市には出来なかったのか。

三重県度会郡大紀町 大宮町・紀勢町・大内山村(2005.2.14) よくある合成地名。

滋賀県東近江市 八日市市、神崎郡永源寺町・五個荘町、愛知郡愛東町・湖東町(2005.2.11) 死刑でも良かったかもしれない。あと、西近江市も誕生予定でしたが、こちらは住民の反対で古来からの「高島」市に。素晴らしい。しかし、これを「迷走」として批判したマスコミもあり、マスコミの見識も疑われる。と言いながら私も、東近江市と西近江市を間違えて掲載しておりました。深くお詫び致します。

京都府京丹後市  府中郡峰山町・大宮町,竹野郡網野町・丹後町・弥栄町,熊野郡久美浜町(2004.4.1) 一部自治体で旧国名「丹後」を僭称(せんしょう)するばかりか、「京」まで自称するとは、思い上がりも甚だしい地名。・・・しかし、複数の郡にまたがり、さらに多数の町が合併という場合、地名選定が難しいのは事実で、そこは少し考えてあげないといけないと思う。よって死刑にはせず。

兵庫県丹波市 氷上郡柏原町・氷上町・青垣町・春日町・山南町・市島町(2004.11)  難しいとは思うが、しかし「丹波」とは大きく出すぎ。「氷上」か、「柏原」にするべきだったはず。

兵庫県南あわじ市 三原郡緑町・西淡町・三原町・南淡町(2005.1.11) う〜む。淡路全島合併で「淡路市」になるのを待たざる得ないか。もっとも、どの地名を残したところで、見たところ大したものはないが・・・。

島根県邑智郡美郷町 邑智郡邑智町・大和村(2004.10.1) 元々は3つの町で合併する予定だったので、三郷町になるはずが、川本町の離脱により、無理矢理つじつまを合わせて「美郷町」に。どちらにせよ、ダメダメ地名で、自分の地域に誇りを持てないようでは衰退に拍車がかかるところだが、同タイプの地名は昔からあるので、ここだけ責めるのは酷か。

広島県山県郡北広島町 芸北町・大朝町・千代田町・豊平町(2005.2.1) 既に東広島市もあるので、これ以上は余計。ちなみに、北海道には北広島市が存在(こちらは、かつて広島出身の人々が切り開いた場所)。

高知県いの町 土佐郡本川村、吾川郡伊野町・吾北村(2004.10.1)  漢字で書け。・・・もうこれを言うのも飽きた。それでも、3つの中で「伊野」の地名を選んだことは評価しておきたい。

福岡県福津市  宗像郡福間町・津屋崎町(2005.1.24 ) 昔からよくある合成地名。大嫌いだ。

熊本県東熊本市 菊池郡大津町・菊陽町・合志町・西合志町(2005.2.28) ・・・。

熊本県美里町 下益城郡中央町・砥用町 (2004.11.1) もはや特に言うこと無し。

7.軽犯罪に値する新地名(ちょっと注意)

秋田県北秋田市 北秋田郡鷹巣町・森吉町・阿仁町・合川町(2005.3.) この「北秋田」の場合、ず〜っと長い間親しまれていた地名なので(だったと思うんだけど、記憶違いだったらご免なさい)、まあオッケー。

栃木県那須塩原市 黒磯市・那須郡西那須野町・塩原町(2005.1.1) これはダメとは全く言わないけど、黒磯の地名が消えるのが残念。まあ、塩原の地名を残したわけだし、これはやむを得ない。

茨城県城里町 東茨城郡常北町・桂村、西茨城郡七会村(2005.2.1) 由来がよく解らない。どこを探しても載っていないのだが、情報求む。

新潟県三島郡良寛町 与板町・和島村・出雲崎町(2005.3.) 良寛は人名。ふざけるなという気持ちと、「それも一つの手か、面白い」という気持ちが混じって何とも評価しづらい。

富山県南砺市 東礪波郡城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町、西礪波郡福光町(2004.11.1) これは難しかったと思う。個人的には、JRの路線名で名が知れている「城端(じょうはな)」がオススメだったんだけど・・・。

三重県いなべ市 三重県員弁郡北勢町・員弁町・大安町・藤原町(2003.12.1) 員弁・・・ここまで読みづらい地名だとちょっと考える。出来れば漢字が良かったが。

愛媛県西予市 東宇和郡明浜町・宇和町・野村町・城川町,西宇和郡三瓶町(2004.3.31)  う〜ん・・・確かに新地名選定は難しそうだが・・・・。まあ、似たような名前は多いし、以前から親しまれている名前なので、一応軽犯罪程度。同様の例として、山口県周南市。

徳島県吉野川市  徳島県麻植郡鴨鳥町・川島町・山川町・美郷村(2004.10.1) 一応掲載。これは仕方がないし、まあ、いいかも。似たような例として、長野県の千曲市、山梨県の笛吹市、石川県の白山市があげられる。個人的に、笛吹市は好き。というか、新市名の中で一番好き。なお、白山の方は個人的に「松任(まっとう)」の地名を残して欲しかった。

8.総評

 と言うわけで第2回目。ますます変な新自治体名が増えました。 
 まあ、こうやって私が騒いでいて、おそらく読者の中に「何でそんなに所長は興奮しているのだろう?」とお思いの方もいると思います。それはですね、例えばあなたが何気なく住んでいるその町名。市町村の町じゃなくて、○○市△△町。実は、こんなものですら、実は平安時代の文献から登場している、なんてこともあるんです。市町村名に至っては言うには及ばず・・・。わざわざ失わせるって悲しいことだと思いませんか。その地域の歴史を消すという事になるんです。あたしゃ、それが悲しいっ!

 あと問題なのは、やはり「ひらがな」地名。「ひらがな」からでは、その地域の名称の由来がわからないんです。まあ、それ以前に間抜けですよ。

 それにしても。ここまであほな地名が誕生していると、今度はとことん馬鹿な地名も期待しちゃったりして・・・・(おいおい)。なかよ市とか、21世紀平和願望都市、学術研究都市、未来市、などなど・・・・・。どこかやってくれないかな!思いっきりけなしてあげるから!!!!・・・と第1回目の時に書いたところ、佐賀県湯陶里市と言うのが出来ましたね。思いっきりけなしておきました。まだけなしましょうか、地名を選んだクソども。
 

9.じゃあ、どういう地名をつければいいのか

 批判するのも結構だが、お前ならどういう基準でどんな地名をつけるのか、という批判は当然あると思います。
 そこで私が提唱するのは、以下の順番で地名を選考する方法です。
 まず前提条件として、安易な公募をしない
 公募をすると、「名付け親大賞」を与えないといけないので、既存の地名が使いにくくなります。また、必ず「なかよし」「平成」「平和」のような、実にくだらない応募が大量に来ますので、検討するだけ無駄です。さらに、後から良い名前を思いついても変更がききません。どうしても住民参加型をとりたいのであれば、最後の新地名・決選投票のあたりを住民投票にしましょう。

 それから、どこの馬の骨とも解らないが権力ばかりある委員は排除し、大学教授や、地名の研究者などで作った委員会に地名の選定を依頼する。

 で、原則としてもっとも知名度のある地名をとる。(例:岐阜県下呂市 ここは下呂郡なんてものはなかったのに、偉い!)
 まず、甲乙つけがたい場合、より古くから親しまれている地名を採用する。
 それでも駄目な場合、かつて使われていた地名を採用する。
 それでも駄目な場合、人口の多い方の地名をとる。
 それも微妙な場合、面積が一番大きい自治体の地名をとる。
 それも微妙な場合、付近を流れる川の名前や、山の名前をとる。

 それでも決まらなければ、
 本庁舎など主要施設の本部は、地名が存続しない自治体がある場所に優先して置くことで妥協する。

 これでも決まらないようであれば、それは地域間のエゴであり、また、そもそもそんな合併は将来的に禍根を残します。やめた方が良いでしょう。ただ、どうしても「どれもこれもダメ」、どうあがいても地名が決まらないという例もあるにはあると思います。その際には、もうやむを得ません。地域を表す言葉を創造しましょう。でも、川の名前とか、山の名前とか、色々あるので、普通は困らないはずですが・・・。そして、これはいかなる場合でも、町名の中に、旧自治体名を残す努力はして欲しいです。

 そんなわけで、今回はクソ新自治体名(地名)の話の第2版でした。
 なお、順位の付け方が私の考えと違うとか、昔の地名だと農産物のブランドがとか色々意見もあろうかと思いますが、私は「郷土の歴史」の観点から述べておりますので、立場が違えば、考え方が違うのも当然です。その際には、感情的にならず、「こういう意見もある」と優しく紹介してください。

 また、事実誤認があれば正直に謝ります。

棒

△このページの一番上へ
→暴言・暴論トップページへ
→裏辺研究所トップページへ