(外務省ホームページより)
○場所は突然アフガニスタンへ
 今回は、おやじまふぃあ様が訪問されたアフガニスタン中部にあるパンディ・アミール湖です。(by 裏辺所長)

○おやじまふぃあ氏は語る
 アフガニスタン中部にあるバンディ・アミール湖です。めんどくさいのでバンダミールと言っても大丈夫です。詳しい事はわかりませんが、バーミヤン(石窟で有名ですね)から、西に100km弱ほど。 車で4時間ほど行った所にあります。まぁ途中は4つ山越えて(しかも道路未舗装)、地雷が撤去された元・地雷原も走ります。 ただ絶景!です。湖には魚も泳いでおり串焼きにして食えます。
 ホント美しすぎる湖です。容易に行ける所ではありませんが、アフガニスタン行ってここに行かないというのは、イギリスに行って大英博物館行かないというぐらい勿体無いです。
○アフガニスタンについて、おやじまふぃあ氏は語る
 非常に重要な事柄も含まれてますので、掲示板より転載致します(編集してますが)。
 2004年8月に行ったアフガニスタンの状況を私の体験談として報告しておきます。もう行った後なのでぶつくさ言われてもこちらとしては今更どうしょうもないことをご了承ください。行った事に反省も後悔もありません。いい国です。で、あくまで私の場合です。

 イラクとアフガニスタンでは状況が随分違うように見受けられます。実際アフガニスタンの治安は極度に悪化しているというわけではありませんでした。一応軍人があちらこちらにいるとはいえ、特に日の出ている間はホント問題なかったです。人々も日本人には基本的に親切。いや、多少がめついところはありますが・・・。

 ただし、南部のカンダハルは状況が別です!
 あそこはタリバーンとビンラディンの本拠地で、行った人&情報ノート全てカンダハルは行くなとあり、男は全員武装しているらしい。カンダハルが今のイラクと同じかもしれません。私はアリアナ・アフガン・エアラインで回避。日本政府殿、カンダハルこそ退避勧告出すべきだと思いますよ。

 また、女性だけのアフガニスタン旅行は絶対にやめたほうがいいです。超!男社会です。
 
 まずは、それからアフガニスタン西部の街ヘラートから入ります。
 治安はアフガニスタンで最もよい場所で、人々も親切。街中歩いていても危険を感じることは全くないです。しかも、なぜかネットカフェは100MBのADSL(?)で超快適。ここでシャワール・カミース(現地人の衣装。これで貴方も立派なタリバーンもどき?)を作ってもらいました。これがないとアフガニスタンでは確実に浮きます。そして身の安全のために用意は必須です。

 ちょこっとアフガニスタンを見たいだけなのなら、イラン東部のマシュハドから出ているヘラート行きのバスに乗ってヘラートだけ滞在したら十分だと思います。ヘラートの治安は本当によかった。私はこのルートから入りました。現地人の乗ったバスに便乗。

 首都カブール。
 私のアフガニスタン滞在中にテロ事件発生しています(私はちょうどバーミヤンに行っていた)。しかし、テロが何処で起こってもおかしくないとはいえ一般市民は普通に生活しています。日の出と共に活動をし始め、日没と共に外出を全くしません。街の規模ですが、これが首都とは思えないぐらいこじんまりとしていて田舎っぽくホコリっぽい。宿泊は問題なしでスピンザールホテルに泊まりました。

 バーミヤンは超田舎。破壊された仏像はあまりにも有名ですが、田舎としかコメントしようがなかったです。
 出国はカブールからテヘラン行きのアリアナ・アフガン・エアラインでした。