5.ブリュッセル南駅で撮り鉄

 12月29日は、アムステルダム中央駅から高速列車タリス(Thalys)に乗車して、国境越え。ベルギーのブリュッセルへ向かいます。約1時間50分で到着するのですから、東京駅から名古屋駅に東海道新幹線で向かうような感覚です。

 さて、行きのタリスは3等車に乗車しました。若干の狭さが感じられ、やはりN700系の快適さを改めて感じます。

 さて、我々の乗ったタリス(車両はPBA型)がブリュッセル南駅に乗車しました。ブリュッセル中央駅は別にあるのですが、国際列車が発着するのは、主にこのブリュッセル南駅。

 ベルギー国鉄の車両は、なかなか形式を調べても出てこないのですが、新型の電車のようです。このタイプの車両はかなりの数を見かけましたので、電気機関車+客車の編成が急速に置き換えられているようです。

 こちらはクラス18電気機関車(2代目)でしょうか。

 ドイツからの高速列車ICE3もやってきました。この後の行程で何度も見たり、撮影することになりますが、2011年正月のフランス旅行でパリで遭遇して以来です。格好良いですねえ。

 こちらはAM96形電車。デンマーク国鉄のIC3と同様に、ゴムのほろが先頭に付いているのが特徴。先頭車同士で連結した際には運転席が格納されて貫通。もちろん、車両と車両の間にお客さんが転落しないように出来ているわけですね。

 電車に見えますが、こちらは客車。車体の番号を見る限り、形式はクラス65とでも言うのか・・・なあ。

 非常に無骨な雰囲気で個人的に大変気に入ったのが、こちらの電気機関車。クラス27・・・か?

 ブリュッセル南駅は非常に大きく、つい最近改築されたようです。

 どうやら工事の際に発掘されたらしい化石が展示されていました。

 さて、ブリュッセル南駅は中心部から多少離れていますので、ここからプレメトロに乗車。

 プレメトロって何だろう?と思っていたら、要するに地下鉄に直通するトラムでした。

 新型の車両がつかわれており、車内は非常に清潔です。

 どこから見ようか検討した結果、聖カトリーヌ教会から見に行こうという話になり、ド・ブルケール駅で下車しました。