デンマーク鉄道IC3/ER〜デンマーク〜
(外務省ホームページより編集)
 ゴムに縁取られた独特のデザインが人気の、デンマーク鉄道IC3(形式はMF)。3両編成が基本のディーゼル特急で、主に通称「渡り鳥コース」と呼ばれる区間をEC(ユーロシティ)列車として運転され、ハンブルクとコペンハーゲンを4時間30分で結んでいます。途中、プットガルテンとロービュの間はフェリーで運ばれます。
 さて、このIC3の顔つきの理由ですが、(現在では多くで橋が整備されましたが)島の多いデンマークの鉄道車両は船を経由して各方面に運転されることが多く、分割・併合が容易になるように考慮されたため。正面全部を貫通扉にしてしまえ!と、このようなスタイルになりました。
 ちなみに同タイプの顔つきのER形電車も存在し、4両編成を基本にコペンハーゲン周辺で運用されています。上写真はIC3(旧塗装)
(写真:カストラップ空港/撮影:kenura様)
(本文:裏辺金好)

ER形電車。こちらは新塗装。
(写真:カストラップ空港/撮影:kenura様)

(撮影:kenura様)