マンハイムの路面電車(LRT)
(外務省ホームページより編集)
 ドイツ南西部の都市であるマンハイムのLRTの風景です。マンハイムは人口約30万人、バーデン=ヴュルテンベルク州では州都シュトゥットガルトに次ぐ規模の都市です。日本にもこのぐらいの人口の都市は少なからずありますので、次世代の路面電車が走る風景の参考として如何でしょう。

 なお、写真に映っている車両のうち右の車両は6MGT形(鉄道ジャーナル2006年1月号による)。1994〜95年に製造されたもので、両端モジュールは高床となっており、中間車両がノンステップの超低床車両となっているようです。

(本文:裏辺金好/撮影:Kenura様 禁転載)
こちらは8MGT−LDE形。2002年に製造されました。やはり完全な超低床車両・・・ではありません。