ドイツ鉄道ICE T(BR411形/415形)〜ドイツ〜
(外務省ホームページより編集)
 ドイツの高速鉄道ICE(概要についてはICE1のページを参照)。
 旧東ドイツ地域へ拡大するICE網だったが、高速新線建設には莫大な費用がかかるため、乗り入れ先の在来線区間を少しでも高速走行する必要があった。そこで、カーブや勾配の多い線区でスピードアップを図るべく、動力分散式、そして車体が傾斜する振り子式電車としたICEが、このICE Tで、最高速度は230km/h。また、TとはTilt-technologyのことで、Tilt とは傾斜機構のこと。アルミ車体を採用するなど、車体の軽量化も図られている。

 1999年に登場し、7両編成の411形と、5両編成の415形が存在。このうち411形は2007年12月に一部がオーストリア連邦鉄道に譲渡。フランクフルト〜ウィーンのICE列車で活躍する。上写真は後期製造車で側面ガラス周りの処理変更やヘッドライトのLED化が行われ、側面のロゴ位置も変わっています。
(写真:ライプツィヒ駅/撮影:kenura様 禁転載)
ICETの前期車。
(写真:フランクフルト中央駅/撮影:kenura様)