ロシア鉄道「サプサン号」
(外務省ホームページより)

 日本語にすると「はやぶさ」という意味になるロシア鉄道の「サプサン号」は、ロシアのモスクワ〜サンクトペテルブルク間において、最高速度250km/hで2009年12月18日より運転を開始しました。

 使用される車両は、シーメンス製高速鉄道車両ヴェラロシリーズの一種であるVelaro RUS 。その形状からお分かりの通り、ドイツ鉄道で運行されているICE 3をベースとし、ロシア鉄道での運用に合わせて広軌用の台車の装備、車体幅を330mm拡大した3,265mmとするなどの変更が加えられています。
(撮影:白いパパ/解説:裏辺金好)