捕鯨禁止は何故か?

担当:裏辺金好
○はじめに

 今回のテーマは「」について。
 鯨を食べたことありますか? 昔はその安さで当たり前のように食べられたそうですが、今では調査捕鯨でとれた少数の量以外食べることができません。それでも鯨肉を提供している店や、近所のスーパーでも売っていることがありますが、なぜ、我々の食卓から消えてしまったのでしょうか。

○捕鯨禁止への流れとは

 さて、何で鯨が食べられなくなったのか。

 まず、1946年に国際捕鯨取締条約といって、鯨を乱獲せず、合理的に使いましょうという条約が結ばれました。そしてそれに呼応して48年にIWC(国際捕鯨委員会)という組織が設立され、捕鯨の監視を行うようになりました。しかし、この時は鯨を食べることは許されていたわけです。

 ところが1982年、商用捕鯨全面禁止(モラトリアム)がIWCで決議されました。賛成は25ヶ国、反対は7ヶ国、棄権は5ヶ国。なお、反対の内訳はソ連、日本、韓国、ノルウェー、ブラジル、ペルーです。そして「異議申し立て」といって、我が国は反対であるという立場をとったわけです。

 ところが・・・日本の場合、親分にして反捕鯨の親玉アメリカから圧力がかかります。これは、アメリカの200海里漁業水域内で日本の漁船の活動を制限するというもので、アメリカの領域でも魚を沢山捕っている日本としてはこれは死活問題。やむなく、従ったのでした。

 こうして85年に「お説ごもっとも、私たちも捕鯨やめます」と、ここで鯨が食えなくなったわけです(調査捕鯨による鯨肉は流通していますが)。ちなみに捕鯨は、先住民族の文化として獲ることは許されています。ならば日本も権利があるはずなのですが・・・・。

棒