115系(保有会社:JR東日本JR東海JR西日本しなの鉄道元・保有会社:国鉄伊豆急行
     J.N.R./J.R. Suburban Trains Series 115

115系の代表塗装である湘南色。数はかなり減ってしまったが、北関東や岡山などで見られる。
東北本線でも両毛線直通で宇都宮周辺で活躍。
(写真:青梅線 古里駅/撮影:裏辺金好)
●基本データ・運用区間
デビュー年:1963(昭和38)年
運行区間:両毛線、東北本線、上越線、吾妻線、信越本線、篠ノ井線、しなの鉄道、羽越本線、越後線、白新線
      中央本線、伯備線、舞鶴線、山陽本線、山陰本線、赤穂線、宇野線、福塩線、呉線、可部線
      瀬戸大橋線、予讃線、土讃線など
元運行区間:高崎線、東海道本線、御殿場線、身延線、飯田線、伊豆急行線など多数

●113系と共に全国を代表する近郊型車両
 ベースは111系で、113系と兄弟関係。東北本線・高崎線で運用を開始したことから解るように、主に山岳地帯を考慮した出力増強と寒冷地での運用を考慮した耐寒装備を備えるが、実際には山陽地域など暖かい場所でも使用されている。

 昭和41年からは、中央本線に投入され、その他山陽本線などにも進出を開始。いわゆる旧型国電と呼ばれる車両の淘汰を開始した。また、48年製造車からは冷房を装備。1977(昭和52)年には、新潟地区にさらに耐寒装備を強化した1000番台を投入。また、座席の幅を拡大した2000番台を山陽本線に、引き続き1982(昭和57)年には、広島地区に2ドアで転換クロスシートを装備した3000番台を投入するなど、地区や時代に合わせてマイナーチェンジしていった。

 JR化後は、113系同様に、地域密着の塗色変更や、さらに新車同様な大リニューアル車も登場。特にJR西日本の広島・下関地区の115系の一部は、屋根の改造や、座席がボックスシートから、座り心地の良い転換クロスシートに変更されて、また室内も新製車両並みの雰囲気にされるなど、大幅な改造工事が行われている。

 2007年3月改正で、JR東海所属車両はすべて引退。また、長野新幹線開業に伴い、信越本線(軽井沢〜篠ノ井)を移管した「しなの鉄道」など私鉄にも車両が在籍している。





●115系バリエーション一覧

113系同様、いわゆるスカ色も存在している。
(写真:武蔵野線 西国分寺駅/撮影:裏辺金好)

長野総合車両センターの115系訓練車。湘南色に白帯と訓練車の白文字が描かれている。
(写真:長野総合車両センター *敷地外より/撮影:裏辺金好)

豊田車両センターの115系訓練車。こちらはスカ色に白帯と訓練車の白文字が描かれている。
(写真:宇都宮線 宇都宮駅付近/撮影:ネオン)

長野、山梨、東京西部で活躍する115系信州色。
(写真:しなの鉄道線 屋代高校前駅/撮影:裏辺金好)

長野新幹線開業に伴い、信越本線(軽井沢〜篠ノ井)を移管した「しなの鉄道」の115系。
赤とガンメタリックを配した、汚れが目立ちにくい塗装。
(写真:しなの鉄道線 大屋駅/撮影:裏辺金好)

2012年8月に登場した、アニメ「あの夏で待ってる」ラッピング電車。
2013年12月まで、しなの鉄道のS2編成に施されていた。
(写真:しなの鉄道線 小諸駅/撮影:裏辺金好)

2013年9月に登場した、長野市を本拠地とするプロサッカークラブ「AC長野パルセイロ」ラッピング車。
しなの鉄道のS23編成に施されている。
(写真:しなの鉄道線 軽井沢駅/撮影:裏辺金好)

2014年7月に登場した観光列車「ろくもん」。
しなの鉄道S8編成が水戸岡鋭冶氏のデザインで改造された。
(写真:しなの鉄道線 安茂里〜川中島/撮影:ひょん君)

国鉄末期からJR初期にかけて存在した新潟色。
現在は下の塗装に変更され、この塗装はディーゼルカーに残っている。
(写真:信越本線 直江津駅/撮影:ムスタファ

新潟地区の115系はホワイトをベースにライトグリーンとモスグリーンの帯を巻く。新
塗装も登場しているが、こちらも併用中。
(写真:信越本線 新潟駅/撮影:デューク)

新潟地区の新塗装。白をベースにしている点は変わっていないが、青系統の塗装に一新。
(写真:信越本線 新津駅/撮影:裏辺金好)

主に弥彦線で運用される115系は専用塗装で、2両編成でワンマン運転も行う。
(写真:越後線 新潟駅/撮影:裏辺金好)

1987(昭和62)年、JR発足と共に誕生した広告電車であるコカコーラ電車。
長野地区の115系1編成に塗装変更が施され、約1年活躍した。
(写真:長野駅/撮影:haru様 禁転載)

伊豆急行で活躍した元・115系の伊豆急200系の赤色。2008(平成20)年で引退。
(写真:伊東線 熱海駅/撮影:裏辺金好)

伊豆急200系「トランバガテル」色。
沿線の河津町にオープンしたフランス式ローズガーデン「河津バガテル公園」PR編成だった。
(写真:伊東線 熱海駅/撮影:武蔵野通信局 禁転載)

身延線で活躍する115系は国鉄末期、甲州ブドウをイメージした塗装で新製投入。
しかし、JRになると湘南色へ変更されて消滅。
(写真:身延線 甲府駅/撮影:daikiti)

岡山・山陰地区のリニューアル車両。広島地区とは異なり、ベースとなる色がベージュに近い色になっている。
また、前面&側面行き先方向幕がLEDに変更されている。
(写真:赤穂線 西大寺駅/撮影:デューク)

山陽本線、伯備線、山陰本線などで活躍する115系のうち、簡易先頭車改造もので、こちらは非貫通型。
(写真:山陰本線 伯耆大山〜米子/撮影:裏辺金好)

山陽本線、伯備線、山陰本線などで活躍する115系のうち、簡易先頭車改造もので、こちらは貫通型。
(写真:山陽本線 中庄駅/撮影:リン)

舞鶴線や山陽本線などで活躍する115系のうち、簡易先頭車改造(貫通型)されたもの。
(写真:山陽本線 徳山駅/撮影:裏辺金好)

1990年頃から採用された福知山線用の塗装で、113系だけでなく115系にも少数存在。
後に広島地区へ転じ、2007年にこの塗装は瀬戸内色となり、ついに消滅。
(写真:山陽本線 岡山駅/撮影:デューク)

山陽本線や呉線などを走る115系は、 国鉄末期からクリームに青いラインを巻く。
通称瀬戸内色と呼ばれ、その名の通り瀬戸内の海を臨みながら快走する。
(写真:山陽本線 瀬野〜八本松/撮影:リン)

座席を改良し、2扉で登場した広島地区の3000番台。
初期は瀬戸内色だったが、広島空港アクセス用にイメージ変更が図られ、新塗装へ。
(写真:山陽本線 広島駅 撮影:裏辺金好)

広島地区の115系リニューアル色。
関西・岡山地区と似ているが、ベースの色が関西のベージュに近い白に対し、こちらは完全な白色。
(写真:山陽本線 瀬野〜八本松/撮影:リン)

JR西日本が徹底的なコスト削減を目指して塗り始めた地域色。
広島支社、岡山支社の電車は濃い黄色一色となった。
(写真:宇野線 備前西市駅/撮影:リン)

簡易先頭車改造された115系にも地域色が塗られている。
(写真:山陽本線 下関駅/撮影:裏辺金好)

地域色に先立ち黄色になった115系「こんぴら」号。2003年10月7日より運転されていた。
(写真:瀬戸大橋線 岡山駅/撮影:裏辺金好)

2012年に運転されたカープ電車。黄色化が進む中国地方の115系の中で異彩を放った。
(写真:山陽本線 糸崎駅/撮影:裏辺金好)

2013年に運転されたカープ電車。2012年バージョンよりも、さらに大胆なデザインとなっている。
(写真:山陽本線 広島駅/撮影:裏辺金好)

2014年に運転されたカープ電車。2年連続クライマックスシリーズ進出のヘッドマークも掲出。
(写真:山陽本線 広島駅/撮影:裏辺金好)

広島デスティネーションキャンペーンの一環として、2013年夏に運転された「まんぷく宝島号」
(写真:山陽本線 広島駅/撮影:リン)

1989年の「広島海と島の博覧会」PR塗装。
(写真:山陽本線 広島駅 撮影:haru様 禁転載)