E257系特急形電車


特急「あずさ」「かいじ」用E257系。2タイプある先頭車のうち、こちらは非貫通型。
(写真:中央本線 西荻窪駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2001(平成13)年
保有会社:JR東日本
最高速度:130km/h
使用列車:あずさ、かいじ、わかしお、さざなみ、しおさいなど
元使用列車:あやめ
運行区間:中央本線、篠ノ井線、京葉線、総武本線、成田線、外房線、内房線など

●東京と周辺を結ぶJRの切り札

主に2タイプ存在。
 まずは高速バスとの競争激化にさらされる、中央本線の特急「あずさ」「かいじ」用183系の後継車両として、2001(平成13)年より登場したグループ。車両塗装は白をベースに、1両ごとに違った色の配色の、ブロックパターンの模様が描かれ、またドアの扉横には中央線沿線の名所イラストがロゴで描かれている。

 編成は9両が基本で、これに2両編成が増結され11両になることも。9両編成は前後で2種類の顔を持ち、さらに中間車に簡易運転台をつけただけの異色の車両も存在するが、こちらは営業運転では先頭に立たない。また、グリーン車を持つが、半室だけとなっている。

 もう1タイプは、2004年10月改正で、房総半島の特急「わかしお」「さざなみ」に投入(平成16)されたE257系500番台。同線を走る255系「ビューわかしお」などの塗装をベースとしたものとなっている。

 こちらは5両編成が基本で、2編成連結の10両で運転されることもある。また、「あずさ」「かいじ」用と違い、先頭車は貫通型の1種類のみ存在。また、グリーン車は存在しない。

 また、前面に付けられた列車名表示はLED方式となっており、特に晴れているときは見づらいことこの上ない。ちなみに、183系からE257系に置き換えられた列車は、スーパーやビューなどの接頭語がつかず、そのまま従来の愛称を受け継いだ点が特徴でもある。

 両者合わせて249両(松本に154両・幕張に95両)が登場し、一時はJRが製造した特急の中で、系列別に見ると最多両数を誇っていたが、JR西日本の683系が大量増備されたことにより、その座を譲った。

●バリエーション一覧


あずさ・かいじ用0番台の貫通型先頭車。
(写真:特急あずさ 武蔵小金井駅/撮影:裏辺金好)

房総特急用のE257系500番台は貫通型先頭車のみ存在し、5両編成×2本の10両編成が組める。
なお、0番台の貫通型先頭車とは形状が若干異なる。
(写真:特急わかしお 市川塩浜駅/撮影:裏辺金好)

製造直後の姿。まだ前面にロゴは貼られておらず、愛称の表示も素っ気ない。
(写真:試運転 日野駅/撮影:裏辺金好)

同じく製造直後の姿。こちらもまだロゴは貼られていない。
(写真:回送列車 中野駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP