営業エリア:長野県大町市、富山県立山町
 関西地方に電気を発送電する電力会社として知られる関西電力は、実は鉄道事業者である。戦後急増した電力需要に対応するため建設した、黒部ダム・黒部川第4水力発電所の資材輸送のため、1958(昭和33)年に貫通した関電トンネルを利用し、扇沢と黒部ダムの間6.1kmを結ぶ関電トロリーバスである。
 関電トロリーバスは1964(昭和39)年8月1日に開通し、1971(昭和46)年には立山黒部アルペンルートの全通により、その一部として機能するようになった。翌年1972(昭和47年)には横浜市交通局トロリーバスの廃止により、1996(平成8)年に同じアルペンルートの立山トンネルバスがトロリーバスに変更されるまでは、日本唯一のトロリーバスであった。
 なお、路線の大部分を占める関電トンネルは、かつてNHKの「プロジェクトX」などで紹介されたように大量の出水と岩盤崩壊に悩まされた破砕帯を過するなど、大変な難工事であった。また、現在でも黒部ダムへの資材輸送に使用されるため、トラックなどが通行することもあるようだ。
 また、関西電力は鉄道関連ではこれ以外にも黒部峡谷鉄道で機関車や客車、貨車の一部を保有している。
 (本文:U-lineのA)

 ■保有車両&もと保有車両



 
▲100形・200形
▲300形