京阪電鉄700形


(撮影:リン)

●基本データ・運用区間

デビュー年:1992(平成4)年
運行区間:石山坂本線
元・運行区間:京津線

●石山坂本線の顔

 大津線の老朽した旧型車を置き換えるために600形の後を追って登場した車両。350形の車体を流用した1次車と500形の車体を流用した2次車に分けられる。

 登場時には大津線の1500V昇圧が決定されており、製造の段階で昇圧準備がなされており、ブレーキの方式も600形と異なっていたため別形式となったが、その後600形も700形と同じブレーキ方式になったため性能上の違いはほとんどない。

 前面形状は600形がやや傾斜していたのに対し700形は直立した形状となった。

 600形と同じく京津線に乗り入れた実績もあるが、現在は石山坂本線のみでの運行である。

●カラーバリエーション


2016年10月に登場した80形リバイバルカラー。80形登場から55年を記念したもの。
(写真:石山坂本線 三井寺〜浜大津/撮影:ネオン)

マザーレイク号。
(写真:石山坂本線 三井寺〜浜大津/撮影:リン)


2014(平成26)年10月に登場した「けいおん!」5周年ラッピング車両。
(写真1枚目:石山坂本線 三井寺〜浜大津/撮影:裏辺金好)
(写真2枚目:石山坂本線 石山寺駅/撮影:裏辺金好)


2016(平成28)年2月に登場した、漫画・アニメ「ちはやふる」ラッピング列車(2代目)。
(写真:石山坂本線 三井寺〜浜大津/撮影:裏辺金好)

きかんしゃトーマス ラッピング電車。
(写真:石山坂本線 三井寺〜浜大津/撮影:リン)

大津市福祉協議会ラッピング電車。
(写真:石山坂本線 三井寺〜浜大津/撮影:リン)

2007年3月27日から2008年3月まで見られた、e-kenet PiTaPaラッピング電車。
(写真:石山坂本線 浜大津駅/撮影:DOON様 禁転載)

↑ PAGE TOP