西武鉄道10000系


(写真:新宿線 所沢駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:1993(平成5)年
主な運行区間:池袋線、新宿線、西武秩父線

●西武鉄道が誇る特急車両

 西武を長らく代表してきた5000系レッドアローに変わって登場した特急車両で、愛称は「ニューレッドアロー」。「ゆとりとやすらぎの空間」をコンセプトに、時代に合わせて車内設備をグレードアップした。制御装置と主電動機は101系や新501系、5000系から流用している。ただし、2003(平成15)年に登場した10112編成は、制御装置を20000系に準じたIGBT素子によるVVVFインバータ制御へ変更したほか、パンタグラフのシングルアーム化、座席のモケット変更などの仕様変更が行われている。

 その他の編成については2003(平成15)年から2008年度まで更新工事が行われ、パンタグラフのシングルアーム化、座席の一新、洋式トイレの自動ドア化などのリニューアルが行われている。

●カラーバリエーション


10107編成は2011年7月19日から2013(平成25)年まで、「☆(ほし)のある町 秩父 長瀞」号として運転。緑色のラインに、長瀞の観光地を紹介したイメージ画像がラッピングされている。
(写真:池袋線 江古田〜桜台/撮影:ネオン)

10115編成は2011(平成23)年11月27日から、初代レッドアロー5000系の塗装を再現。レッドアロークラシックとして運転されている。
(写真:池袋線 東久留米駅/撮影:裏辺金好)


10103編成は2016(平成28)年12月25日より、プラチナ・エクスプレス(秩父Ver.) として池袋線で運転。ユネスコの無形文化遺産に登録された秩父市の「秩父夜祭」をPR。なお、2017(平成29)年1月からはプラチナ・エクスプレス(川越Ver.)が新宿線で運転開始。こちらは、川越まつりの山車や時の鐘をデザイン。
(写真1枚目:池袋線 椎名町駅/撮影:裏辺金好)
(写真2枚目:池袋線 池袋駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP