IRいしかわ鉄道521系


IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。0番台のアクセントカラーは5種類あり、IR01編成(もとサワG05編成)は「緑・草系」。
(写真:あいの風とやま鉄道線 西高岡〜高岡やぶなみ/撮影:リン)

●基本データ

デビュー年:2015(平成27)年
<JR車両としては2006(平成18)年>
最高速度:120km/h
運用区間:IRいしかわ鉄道線、あいの風とやま鉄道線、JR七尾線

●521系3次車も在籍する、IRいしかわ鉄道の主力車両

 2015(平成27)年3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴う、並行在来線の第三セクター鉄道移管に伴い富山県内の受け皿として誕生した、あいの風とやま鉄道の主力車両。JR西日本の521系2両編成×5本が移籍したもので、
うち2本は3次車の増備車として新造の上で引き渡されている。このため、関西などで運用している223系を外観のベースにした2次車、225系を外観のベースにした3次車の2タイプが在籍。いずれも、構体設計は321系、車両制御装置は683系特急形交直流電車をベースとした交直流電車である。

 塗装は、同社のイメージカラーである明るい青色をベースとし、アクセントカラーを編成ごとに変えているのが特徴。このアクセントカラーには石川の伝統工芸を彩る5つの色「赤・臙脂(えんじ)系」「黄・黄土(金)系」「緑・草系」「紫・古代紫系」「紺青・藍系」を使用しており、親しみやすさと石川らしさを表現した。

 2020(令和2)年12月には521系100番台(2両編成×3本=6両)が登場。JR西日本所属車両と一緒にJR七尾線への直通運用に就いている。なお、塗装、仕様はJR所属車両と同じ。車番もJR所属車両からの連番で、側面のコーポレートマークがIR仕様となっているほか、前面スカートに赤い編成番号が記載されていないのが僅かな違いである。

 なお、521系100番台は車載型IC改札機が搭載され、ICOCAなど交通系ICカードをタッチする方式を採用している。

●カラーバリエーション


IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。IR02編成(もとサワG09編成)は「古代紫/紫系」。
(写真:IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)

IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。IR03編成(もとサワG25編成)は「藍系」。
(写真:IRいしかわ鉄道線 高岡駅/撮影:リン)

IRいしかわ鉄道営業開始直後のIR03編成は、JR西日本カラーのまま、JRマークを消して運用された。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。IR04編成は前面デザインが変更さた3次車で、「黄・黄土(金)系」。
(写真:IRいしかわ鉄道線 津幡〜倶利伽羅/撮影:リン)

IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。IR05編成は前面デザインが変更さた3次車で、「赤・臙脂(えんじ)系」。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

七尾線直通用の521系100番台。IR06編成〜IR08編成は、JR西日本所属の521系100番台U01〜U15編成からの連番で塗装などの仕様も同じ。IR仕様の側面のロゴと前面スカートに編成番号の貼り付けが無いのが違い。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

ロゴマークと併結部分の姿。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP